--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.04.22 15:44


昨年、9年ほど勤めたお産のお仕事を退職しました。
自然分娩のお仕事だったのですが、管理職の責任の重さや他のスタッフとの方針のずれなど、この9年本当にいろいろありました。
私は物事をはっきり言える性格でないので、そのあたりで1人で抱えていたこともありました。
管理職でなければ、今も続けていたかもしれません。
でも、お母さんの笑顔や赤ちゃんの生きる力、お産の素晴らしさに支えられてやってこれたなと思います。
昼も夜も(いや、ほとんど夜ねww)お産にどっぷり浸っていましたが、出会ったお母さんと赤ちゃんたち、お産という自然の営みに心から感謝しています。
本当にありがとうございました。

しばし生命の責任から離れてみたいなと思い、企業に看護職として転職してみました。
会社でお勤めしてOLデビューも良いかも!と単純な理由で(でも本心はそうでなかったのよ。カンチの大学の授業料もあるし、この年齢でのOLデビューはどうなんだ!?とも考えたの)転職しました。
始めはまっさらな状態で、新しい世界が楽しくてお仕事していましたが、次第に霊感???(笑)ではないんだけど、なんだか自分の立ち位置がしっくりこなくなってきました。
一緒に入職した同期の子とも仲良くなれたし、先輩スタッフも優しかったし。
でも、何だかいつもお尻がそわそわしていました。
空気が変、というか肌に合わないというか、何だかわかんないんだけど。
会社なので、臨床と違って仕事が終わればスパッと帰れるし、残業もない。

最初は五月病だ!と思っていたけど、「何かおかしいな」と思い始めて数ヶ月、お休みの日に限って動悸がしたりそわそわしたり、すごく身体がたえられなくなってきました。
仕事に行くと淡々とこなせるのに。

あ、これは合わないということかな?と思い、あまり悩まずにそれこそスパッとその会社も辞めることにしました。
上司始め、スタッフの方たちは良い方が多かったので、会社には良くしていただいたと思っています。
二度目のありがとうですね。
まだ次の就職先も決まってないのに、カンチの授業料もあるのに、プータロー生活を数ヶ月することになりました。

その後、何がどうなってしまったのか、看護学校の教員として働くことになってしまいました。
看護職には臨床だけではなく、いろんなお仕事内容があるけれど、教員だけは絶対ならないだろうと思っていました。
(非常勤講師としてお仕事した経験は数年あったけど、非常勤と専任は違うからねえ。。。)

その後、あれよあれよととんとん拍子に話が進み、今、教務室にデスクがある状態です(笑)
他の教員の先生方もとても良い先生方ばかりで、職場に恵まれたことに感謝!
副担としてクラスの学生たちをまとめつつ、助産師としての専門分野の講義や実習を担当しています。
私が学生だった頃ともちろん随分看護教育も変わってきているので、私も一から勉強です。
新しい看護診断や看護過程の展開に、眉間にしわを寄せながら、奮闘しています。
基本に忠実に実践するって、実はすっごく難しい!
細かいところまで掘り下げて考えたり、知識を持ってないと、学生たちにアドバイスできないんだもん!

出会いっておもしろいなあとつくづく思います。
そんなこと思っていたら、高校生の時、助産師になりたいと思った以前に、教師になりたいと思っていた時期があったのを思い出しました。
潜在的に頭に残っていたのかもしれません。

学生達はカンチと同じ世代です。
仕事でも家庭でも、若いパワーに助けられながら、頑張って行きたいと思います!


しかし、私の人生って、まさにNever Too Late だと・・・(笑)
そしてお仕事が看護教員だなんて、ますます恋愛が縁遠く・・・・(爆)
(お産から離れると、またお産したいって思いだすんだよなあ、これがまたww)



スポンサーサイト

テーマ : ナースのお仕事 - ジャンル : 就職・お仕事

| お仕事のひとりごと | コメント(1) | |

2011.07.18 15:24


いや~1年ぶりの更新です。
何とか元気にしています。

先日猛暑の中、母親の実家があった田舎へお墓参りに行ってきました。
場所は兵庫県の佐用町。
昔と違って統合により大きな町になりましたが、私が幼少の頃は本当に小さな町でした。
私とカンチ、母、妹と姪、弟とその彼女と6人で行ってきました。

第一の目的は、母の実家のお墓参り。
祖父母やその前、ずっとずっと明治以前の先祖が眠るお墓です。

母の兄弟でさえ亡くなる人(伯父たち)がいるので、もうだれもお墓を世話する人達がいません。
このお墓に眠る一番新しい祖母でさえ、17年前に亡くなったのですから、近所の方たちにお願いしていたとはいえ、その近所の方たちも超高齢、当時住んでいた方々ももういないと思われます。
近所とは言っても、隣の家まで最低は1~2キロ離れているし、周りは田んぼと山だらけ。
昔はNHKしかテレビが映らず、夏休みなど長期休みに帰省していた幼少の頃は、楽しみにしていたアニメが観れなかった思い出もあります。

4~5年前、弟と母は一度来たそうですが、山中にあるお墓はまだ健在で、伸び放題の木々や草たちをカマで刈り、綺麗に掃除できたそうですが、今回は違いました。
お墓に覆いかぶさろうとする木々たち、前の道まで進出してきてこわいぐらい。
見たこともない色の大小のクモもたくさん、手の平ぐらいのナナフシ、もちろんスズメバチも飛んでいます。
何がいるかわからない、荒れ放題、と言ったところでしょうか。
けれどお墓の正面だけは、木々もかぶさることなく、移り変わる山の景色を見ているようにも思いました。
とてもじゃないけど掃除できる状態ではなく、お墓まで直接たどり着くことはできませんでしたが、山を見据えているお墓の正面に立って、みんなで手を合わせてきました。
時がたてば山崩れも起き、お墓は倒され、顔も知らない先祖たちはそれこそ土葬ですから、そのまま自然に土に還って行くのでしょう。
もうこのお墓には、母はもちろん、母の兄弟もだれも入ることはありません。
祖父母や伯父の思い出は私の中もあるので、さみしいですが、何でもない、自然のそのままの、あたりまえの現象なのかもしれません。

お墓の状況は変わっていたけれど、懐かしい山の風景は変わっていませんでした。
手つかずの自然がそのまま残っていました。
季節柄、田んぼは綺麗な緑、山の木々の緑。
緑にもいろいろあります。
水路には影になったところに小さなカエル達がいっぱい。
黒い大きなムカシトンボ、オニヤンマ、大きなアゲハ蝶。
鶯が鳴き、トンビも飛んでいる。
都会の音が全くしない場所。
車も人も通りません。
猛暑だったけど、山は風が吹き、湿度も低く、カラッとしていて、とても気持ちが良かったです。
雲ひとつない青空と田んぼや山の緑のコントラストがとても美しかったです。
大人になったからでしょうか、幼少の頃と感じ方が違うのですね。

そのあと、母の最初の実家があった場所へ移動。
借家だったので、もう大家さんの農業道具の納屋になっていましたが、まだ健在でした。
家の前の畑も少し残っており、家の周りの石垣も健在。
帰省のたびに、私と弟はこの石垣の溝で沢ガニ釣りを楽しんでいました。
この沢ガニ釣り、本当に楽しかったんです!
お風呂を沸かす細い薪に、タコ糸で小さく切ったお漬物のたくあんを結んでつるし、それをカニの近くまでカニがいそうなところに降ろすと、カニがひょっこり、ちいさなハサミでそれを挟もうとします。
それをタイミング良く釣るのです!
もう入れ食い状態(笑)
これが楽しくて楽しくて!
(ときどきヘビも泳いでいた・・・)
小学校の夏休みの絵日記に、いつも書いていました。

この家はまだ近所に人が住んでいたので、山の中より人がいますが(笑)、それでも肥溜めはつぶされ綺麗な庭に、家の裏の大きな柿の木ももうありませんでした。
牛を飼っているお宅もあったのですが、もうそんなお家もありません。
3階建の家、綺麗な最近の住宅が建っていました。
広いと思っていた家や縁側は、実はあんなに小さかったのですね。

家の近くには3種類の川があり、少し下に降りたところにある川(私たちは家の周りのカニ釣りができる石垣の溝を小さな川、下の川を真ん中の川、ジャンクションを渡った少し離れたところにある川を大きな川と呼んでいました。)はもうなく、ここはよくメダカを獲っていました。
ジャンクション近くの大きな川では魚を獲り、水切りをして遊び、私は靴下を流されたのを覚えています。
ヒルという生き物を知ったのも、このころでした(笑)
従弟たちと一緒に、子どもだけであんな大きな川に遊びに行ってたんですねー。
今思うと、怖いかも(笑)
何もかもが懐かしく、そしてとてもサイズが小さかったことにびっくり。
子どもの頃は、いろんなものが大きいと感じていたんですね。

妹はこの家をほとんど知らないので話題についていけませんでしたが(笑)、私と弟でじっくり懐かしんで、その家を後にしました。

そのあと、西はりま天文台に上り、ひまわり祭りを観に行き、帰路に向かいました。

数年前、大きな水害があった川はちょうど伯父や祖父が入院していた病院の目の前の川です。
まだコンクリートの整備の途中で、水害の生生しさも感じられました。

トータルすれば2~3年は住んだ計算になるかも?という佐用町ですが、時代とともに変っていくし、便利になるし、けれど不便さもまた田舎の良い思い出なのです。
思い出はいつまでも残っているものです。
思い出話に話題が尽きませんでしたが、また近々行くことになるでしょう。



佐用町ホームページ

天文台

ひまわりまつり

ひまわりまつり



テーマ : 日帰りお出かけ - ジャンル : 旅行

| おやこ2人旅 | コメント(0) | |

2010.03.01 14:10


先日落語を聴く機会がありました。
落語って、実際聴いた(観た?)ことは一回もなかったのです。

テレビのチャンネルを合わせれば、いつも漫才や落語が観れる環境に育った私は、舞台にまでわざわざ足を運んで観に行くということがなかったんです。
それが、ちょっと落語の舞台を観に行く機会に恵まれました。


落語家の名前は林家染丸。
NHKの朝の連ドラ「ちりとてしゃん」にも出演されていて、落語監修もされていた方です。
師匠と呼ばれるその方の舞台は、大変素晴らしいものでした。


最初は「弟子と子育ては同じもの」というテーマで講演をしてくださり、その講演内容もおもしろおかしく聴くことができました。
講演って、特に午後の部はついついうとうと子守歌代わりになってしまうのに、どんどん引きこまれました。
1時間弱の講演のあと、本業の落語を披露しましょうということで、少し休憩が入り、そのあと落語の舞台に早変わり。
師匠が正座をして、いよいよ始まりました。




話の情景が、頭の中に浮かんできます。
「落語というものは、お客さんの想像力に支えられている」と師匠はおっしゃっていましたが、いえいえ、その語りでは目の前でまるでお芝居を観ているよう。
それだけ素晴らしいものなんですよね。
「想像力に支えられている」のではなく、「想像させている」「観させている」と言うものなのでしょう。
そう言わしめる謙虚な姿勢にも、すごく感動しました。


さすが、プロ。
すごいんです。
なんといっても、オーラがすごい。
話のうまい素人が、長時間しゃべるのとはもちろん違います。
間の置き方、表情。
落ち着き。
もちろん口角につばもたまりません!
安心して聴いていられる、信頼できるんです。



このようになるのには、何年・何十年と修行の日々だったにちがいありません。
弟子を何人も従えて、トップに君臨する師匠でさえ、今も日々の訓練は怠らない。
落語の素晴らしさと同時に、本物のプロのお仕事を間近で見せてもらったことに感動してしまいました。


すごい!

プロってこういうことなんだ!

なんだか喝を入れられた気分。


私も一応「プロフェッショナル」と言う職業についていますが、なんだか自分はもっともっとまだまだだなあと思いました。
20年産婆やっていても。
もちろん師匠とは年齢も違うし、人生経験もまだまだです。
でも免許があるんだから、私はプロとしてこの仕事をしなければなりません。

背筋がしゃきんとしました。
叱ってもらった気がしました。



ちょっとまた頑張れそうかな、と思えました。


くじけそうになったら、また落語を聴きに行こう。
本物のプロに叱ってもらいに行こう。
一生懸命プロとして働いたお金で、恥ずかしくない気持ちで聴きに行こう。


テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

| おひとりさま | コメント(0) | |

2010.02.25 22:45


純粋なおひとりさまではないのですが・・・。

先日、母と2人で京都に行ってきました。
京都へ行った目的は、 ハプスブルグ展 を観に行くこと。
ずっと観に行きたいと思ってたんです。

いいお天気~

私は去年、テレビで中野京子さんの「怖い絵」を知って興味を持ち、早速全シリース(3巻)を購入して読みました。
絵は好きなほうなので、夢中で読みました。
とってもおもしろかったんです。
絵から与える恐怖はもちろんですが、その絵が描かれた時代背景や画家の想いなど、その裏舞台がとってもこわくておもしろい。
その本の中に、割と多くあったのが「ハプスブルグ家」にまつわるものでした。


当日の京都はとっても暑く、平日だというのに、京都国立博物館はすごい人!
入場まで30分待ちでした!
館内に入るとひんやりと涼しいものの、人も多い!
混んでいたというのもあるのですが、じっくり観て回ったために2時間弱を要しました。
母と2人でくたくたになったけど、でも本当におもしろかった。

私はクリスチャンではないけれど、聖書が好きなんです。
でも文字ばかりの聖書は難しいので、本屋で偶然見つけた アートバイブル という本をを2巻持っています。
2巻とも若干内容が違うので、聖書のすべてをアートバイブルが網羅しているのではないと思いますが、それぞれ同じ場面でも作者が違うと絵ってこうもちがうものなんですよね。
聖書の内容も興味深く、わかりやすく、絵が好きな人ならば聖書のスタートに良いと思います。

ハプスブルグ展には宗教絵画も多く、それもまた興味深く堪能できました。
事前勉強してると、こんなにも絵っておもしろいものなんです!


博物館に来たなら、今度はお向かいの 三十三間堂 へ。
ここは博物館と違って、人も少なく、お堂の神聖な空気に触れることができました。

お堂の中はひんやりとして空気が澄んでいます。
そこへ、心落ち着くお線香の香り。
美しいと思う香りです。

中庭

これは中庭。


千手観音様が千一体いらっしゃり、その姿は圧巻です。
五百体ずつ左右に立っておられ、その中央にひときわ大きい座っておられる観音様。
だから千一体なんです。
見事に一体一体お顔が違うんです。
必ず会いたい人の顔に似ている観音様が、絶対1人はいらっしゃるんですって!
特に最後は、観音様のすぐ横を通りますので、前から観るよりとても身近に感じられます。
すぐそばにいらっしゃるんですもの!
長い年月やをかけて、彫刻家たちの想いがひしひしと空気から伝わってきます。

千体千手観音様の前に、風神・雷神を始め、二十八部衆と言われる神様たちも安置されています。
観音様のお伴をされる神様なのかな?
名前やお顔を観たことがある神様が並んでいました。


お堂では護摩も置いてあり、私も何か書いてみることにしました。

それは学業成就でもなく、家内安全でもなく、仕事熱心な出産安泰でした(笑)
お祈願してもらわねば!


ルートの最後には、資料や他の彫刻がたくさん並んでいました。
その中に、目の不自由な方のための「なで観音」というのが、安置されていました。
多くの観光客になでられているのでしょう、50センチほどの小さな千手観音様は、お顔や手がぴかぴかになっていました。
私もなでました。
観音様の手を。
ぎゅーっとにぎりしめました。

手って、私たちの職業にとても大切なんです。
手って陣痛をも和らげ、安心させ、お産が順調に進んでいるかどうかもわかる、すごく大きなパワーを持っています。
観音様は千手と言うぐらいですから、たくさんの手をもっておられます。
(42手あるらしいですね)
そんなパワーのある手をたくさん持っておられるのですから、そのエネルギーを頂かないわけにはいきません。


実は、この日の数日前に、お産を担当させていただいた産婦さんから、「すぴかさんの手がいいんです」と言われました。
腰にそっと当てるだけで、気持ちがいいと言ってくださいました。
さするのではなく、当てるだけ。
とても敏感な産婦さんだったのかもしれません。
手を通し、人のぬくもりを感じることは、不安を少なくさせるのでしょう。


そんなこともあって、私は思わず観音様の手をぎゅーっと握りしめました。


また、安産のお手伝いができるといいな。



久しぶりに母と2人だけの日帰り旅行。
とても良い記念になりました。


~怖い絵~









~アートバイブル~







テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

| おひとりさま | コメント(0) | |

2010.02.22 16:39


今まで読んだ本(まだ未整理も・・・^^;)と映画ですが、ブログのカテゴリーへの投稿が間に合わないので、今のところ手っ取り早く こちら に整理しています。
それぞれのレビューも残したいのですが、なかなか出来ずにいます。
(そのうちレビュー書かずに、もっと本棚が埋まってくるかも・・・)

テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

| ひとりごと | コメント(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。