--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.04.22 15:44


昨年、9年ほど勤めたお産のお仕事を退職しました。
自然分娩のお仕事だったのですが、管理職の責任の重さや他のスタッフとの方針のずれなど、この9年本当にいろいろありました。
私は物事をはっきり言える性格でないので、そのあたりで1人で抱えていたこともありました。
管理職でなければ、今も続けていたかもしれません。
でも、お母さんの笑顔や赤ちゃんの生きる力、お産の素晴らしさに支えられてやってこれたなと思います。
昼も夜も(いや、ほとんど夜ねww)お産にどっぷり浸っていましたが、出会ったお母さんと赤ちゃんたち、お産という自然の営みに心から感謝しています。
本当にありがとうございました。

しばし生命の責任から離れてみたいなと思い、企業に看護職として転職してみました。
会社でお勤めしてOLデビューも良いかも!と単純な理由で(でも本心はそうでなかったのよ。カンチの大学の授業料もあるし、この年齢でのOLデビューはどうなんだ!?とも考えたの)転職しました。
始めはまっさらな状態で、新しい世界が楽しくてお仕事していましたが、次第に霊感???(笑)ではないんだけど、なんだか自分の立ち位置がしっくりこなくなってきました。
一緒に入職した同期の子とも仲良くなれたし、先輩スタッフも優しかったし。
でも、何だかいつもお尻がそわそわしていました。
空気が変、というか肌に合わないというか、何だかわかんないんだけど。
会社なので、臨床と違って仕事が終わればスパッと帰れるし、残業もない。

最初は五月病だ!と思っていたけど、「何かおかしいな」と思い始めて数ヶ月、お休みの日に限って動悸がしたりそわそわしたり、すごく身体がたえられなくなってきました。
仕事に行くと淡々とこなせるのに。

あ、これは合わないということかな?と思い、あまり悩まずにそれこそスパッとその会社も辞めることにしました。
上司始め、スタッフの方たちは良い方が多かったので、会社には良くしていただいたと思っています。
二度目のありがとうですね。
まだ次の就職先も決まってないのに、カンチの授業料もあるのに、プータロー生活を数ヶ月することになりました。

その後、何がどうなってしまったのか、看護学校の教員として働くことになってしまいました。
看護職には臨床だけではなく、いろんなお仕事内容があるけれど、教員だけは絶対ならないだろうと思っていました。
(非常勤講師としてお仕事した経験は数年あったけど、非常勤と専任は違うからねえ。。。)

その後、あれよあれよととんとん拍子に話が進み、今、教務室にデスクがある状態です(笑)
他の教員の先生方もとても良い先生方ばかりで、職場に恵まれたことに感謝!
副担としてクラスの学生たちをまとめつつ、助産師としての専門分野の講義や実習を担当しています。
私が学生だった頃ともちろん随分看護教育も変わってきているので、私も一から勉強です。
新しい看護診断や看護過程の展開に、眉間にしわを寄せながら、奮闘しています。
基本に忠実に実践するって、実はすっごく難しい!
細かいところまで掘り下げて考えたり、知識を持ってないと、学生たちにアドバイスできないんだもん!

出会いっておもしろいなあとつくづく思います。
そんなこと思っていたら、高校生の時、助産師になりたいと思った以前に、教師になりたいと思っていた時期があったのを思い出しました。
潜在的に頭に残っていたのかもしれません。

学生達はカンチと同じ世代です。
仕事でも家庭でも、若いパワーに助けられながら、頑張って行きたいと思います!


しかし、私の人生って、まさにNever Too Late だと・・・(笑)
そしてお仕事が看護教員だなんて、ますます恋愛が縁遠く・・・・(爆)
(お産から離れると、またお産したいって思いだすんだよなあ、これがまたww)



スポンサーサイト

テーマ : ナースのお仕事 - ジャンル : 就職・お仕事

| お仕事のひとりごと | コメント(1) | |

2006.05.22 16:36

不規則な生活を送っていると、いろんな時間帯に睡魔が襲ってくることが多い。
しかも、いつお産でラブコールがかかるかと思えば、眠くなくても体力温存のため身体を横たえ、無理に睡眠へいざなわなければならないことも多い。
眠い時に働かねばならず、また寝ないといけないときに眠くならず。
苦労も多いのだ。

昼間だけの勤務をしていた頃も、私はあまり朝早く起きるのが大変苦手なので(その代わり夜遅いのは意外と平気。朝まで起きれることもしばしば)、昼食を食べたあとは眠くなることが多く、暇なときほど辛かった。
デスクワークがほとんどだったので、はっきり言ってボールペンを持ったまま「仕事してるフリ」をしながら気を失っていたことも数え切れないくらいだった。
きっと隣のデスクの子は気づいていたかと思う(当たり前。私も隣がそんなだったら気づきます。笑)
だから身体を動かす健診事業などの方が、どれだけありがたかったか。

ウトウトしながら、頑張って起きてデスクワークをしているときなど、書類に書いてる字なんか見ると、何かの呪いのような字体の文字を書いていたりする。
コレは呪文なのだろうか、私はだれかを呪っているのだろうかと見間違うぐらいのすごい文字。
読めないし、脱線しまくり、ひどく滑稽。
よだれのしみがないだけましだ。

今は眠い時に書類を書く、と言うことは滅多にないので、呪いの文字を書くことはなくなったけど、眠い時に起きなければならなかったり、睡眠のリズムに逆らうことがとても多くなった。
判断力をゆだねられるので、頭も目も冴え、きりっとお産バージョンになるのでそこらへんは自然に切り替えられていると思うのだが、仕事が終わると今度は眠いリズムが狂ってしまって、寝なければならないときに眠れないと言う現象がおきてしまう。
それが、当直明けの夜。
しかも、その当直が忙しいときほど。

疲れてるんだし、寝てないんだから夜眠れるだろうと思うのだが、コレがやっぱり交感神経と言うか自律神経と言うか、興奮状態なのか、中々上手い具合に働いてくれず、夜寝る時間が結構遅くなってしまう。
帰宅して少し寝、入浴時に睡魔が遅い(私はお風呂に入りながらよく寝ます^^;)、それがいけないのかな。
とにかく、こんな生活も4年になり、独身時代の勤務状況よりも身体を酷使しているなあと思う。
睡眠リズムを促すために、眠剤や安定剤を時々使うこともあるのだが、疲れているとコレが結構よく効く効く(笑)
朝は目覚めは良いけどね。



余談ですが。
睡魔に襲われてウトウトしている人を電車で良く見かけます。
むかーし、つり革につかまって電車に乗っていたときのこと。
私の目の前に座っている年配のサラリーマンがウトウトしており、ああ眠っているんだなあと思い何気に見ていたら、その人のウトウト「船を漕ぐような頭を動かす姿」が大変ツボにはまってしまい、笑いをすっごく我慢していた。
笑いを我慢するほど、死ぬほどつらいものはない。
しかも、一緒にこっそりくすくす笑ってくれるような友達も同乗してないし、私一人。
見知らぬ人が寝ている姿を笑うなんて、大人としてまさに非常識な行為(笑)
でもね、目の前なの。
すぐ目の前。
見ないようにしても、見てしまうの、そんなときこそ。

と、駅に近づいたときに何かしら電車が急ブレーキをかけたものだから、そのおじさんは、直角にすごいスピードで上半身だけ隣に倒れてしまったのです。
隣に座っている人の背中と座席の背もたれの間におじさんの上半身が入り込んでしまったので、私はもう我慢できなかった。

爆発。

でもね、爆発したのは私一人だけじゃなかったのです。
私の隣に立っている人も、その隣の人も、爆発してました。

そんな思い出があります。

私も独身時代、夜勤明けは必ず電車で寝てました。
窓に後頭部をひっつけて顔を上げて。
そうです、口も次第に開いてきます。
とっても大きく。
ハッと目が覚めたら、目の前に立っている人と、目が合ったときもありました。

気をつけよう。


テーマ : ナースのお仕事 - ジャンル : 就職・お仕事

| お仕事のひとりごと | コメント(6) | |

2006.01.01 22:17

無事に、カンチと久し振りに年を越すことができました。
ええ。
できました。
本当にできましたよ。
できたんですってば。
元旦も、3時間は。

当直さんと、新年の挨拶と入院の状況なんかをメールで交換しあってた。
紅白も観、ジャニーズのコンサートも観、カンチとカウントダウンTVを観て深夜だと言うのにおかまいもなく歌いほうけてたら、突然携帯が鳴った。

予定日も遅れてやきもきしてた方が入院。
新年早々、おめでたいことだ。
しかも、分娩件数の少ないわが職場にとって、お正月産まれが続くなんて、なんて良かろうことなのか。
カンチに「お正月早々、がんばりや~」としっかり見送って頂き、さすがに初詣客もいなくなった時間帯に出勤。

早朝、赤ちゃんは元気に産まれ、ご家族もほっとされた様子。
お正月のこの時期に、入院さんがこんなに多いなんて、にぎやかでとっても明るい。

しかし、結局、3年連続で、職場から初日の出を拝む事になってしまった。
日勤さんが出勤した頃には、もう私は朦朧としており、残った仕事だけを済ませて、11時頃帰ってきた。

カンチも、まだ寝ていた。
朝、5時まで起きていたようで。


新しい1年の始まりです。
今日産まれたこの子が、私達スタッフにも幸せを運んでくれると願って。
良い1年にしたいものです。
家族があってこそ、仕事も順調。
仕事が楽しくやっていけるからこそ、家族にも感謝。
いろんな人に、感謝のできる1年に。

PEACE on EARTH


| お仕事のひとりごと | コメント(6) | トラックバック(0) | |

2005.12.25 00:49

昨日の当直は、勤務表作りから始まった。
1月分なので、お正月にどんな勤務を組むか、毎年このシーズンの勤務は、少し頭を悩ませる。
みんな主婦だし、家族がいるから(と、私が勝手に思っている)
でも、毎年思うのだが、みんなお正月に休みたくない事が多い。


理由その1.
別に仕事して良いと思うから。

理由その2.
子どもがみんな大きいので、子どもだけで実家に毎年帰るため、仕事を休んで家に居ると暇で暇でしょうがないから。

理由その3.
親戚が集まるので、家に居ると世話をしなくちゃいけないので、脱出する目的で仕事に行く。


その3.が圧倒的多数・・・・。

私にはオットと言うものがいないから、親戚一同と言っても、実家に帰って兄弟と親と仲良く、普段通りに(正月だからと言って特別でもないし・・・。ただ、母親の煮しめやしめ鯖、お雑煮は食べたい(=´ー`)ノ )過ごすだけ。
それも、2日か3日に、集まるだけ。

私達は、若くてピチピチしたスタッフ一同ではないため、親戚も年配者が多く、きちんとおもてなししなければだめだそうで。
お仕事以上に、ご苦労様です・・・。

うちは大きい施設じゃないので、特別手当てなんてもの出ないので、年始年末に働いたからと言って、お給料が上がるわけでもない。
けれど、それでもみんな(そんな理由から)仕事に行きたいのねww

やっとの思いで勤務表を作り上げたら、すでに3時。
そこから、1本の電話からお産ラッシュに突入しました。
疲れましたが、みんな元気で良かったですヽ( ´ ▽ ` )ノ

テーマ : ナースのお仕事 - ジャンル : 就職・お仕事

| お仕事のひとりごと | コメント(3) | トラックバック(0) | |

2005.12.09 01:26

今日も本業はお休みだけど、依頼のあった新生児訪問へ行く。
午前、午後と結構忙しかったなあ。
小雨もぱらついたし、風もあるし、寒いしで、自転車で回るのはちょっぴりつらかった。
営業部のサラリーマンは、大変だと思う。

それでも、カンチが帰ってくる時間には、私も家に居れたし、まあ良かったかな。
いやな事件が続いてるので、変声期真っ盛りのおっさんまじりの息子とは言え、顔を見ないとやはり心配。

今日は早めに晩ごはんを作り、しっかり食べつくし、のんびりしていたら、職場からのラブコール。
職場に行ったら、着いて5分もしないうちに産まれたので、間に合って良かった。
今日も元気な赤ちゃんでした。

オンコール制を取っているようなうちのような産院では、あわただしく出勤することも度々ある。
お風呂に入っているときに、ラブコールがかかってきたことは、2度や3度ではない。
余裕があるときは、お風呂に入ってようが大丈夫なときもあるんだけど。
今日はまだ、お風呂にも入ってなかったし、服も着ていたし、すぐに出勤することができた。
短い時間だったけど、働いてきたぞ。

さあ、お風呂入って寝ようかな。
明日はまた当直だ。

| お仕事のひとりごと | コメント(6) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。