--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2011.07.18 15:24


いや~1年ぶりの更新です。
何とか元気にしています。

先日猛暑の中、母親の実家があった田舎へお墓参りに行ってきました。
場所は兵庫県の佐用町。
昔と違って統合により大きな町になりましたが、私が幼少の頃は本当に小さな町でした。
私とカンチ、母、妹と姪、弟とその彼女と6人で行ってきました。

第一の目的は、母の実家のお墓参り。
祖父母やその前、ずっとずっと明治以前の先祖が眠るお墓です。

母の兄弟でさえ亡くなる人(伯父たち)がいるので、もうだれもお墓を世話する人達がいません。
このお墓に眠る一番新しい祖母でさえ、17年前に亡くなったのですから、近所の方たちにお願いしていたとはいえ、その近所の方たちも超高齢、当時住んでいた方々ももういないと思われます。
近所とは言っても、隣の家まで最低は1~2キロ離れているし、周りは田んぼと山だらけ。
昔はNHKしかテレビが映らず、夏休みなど長期休みに帰省していた幼少の頃は、楽しみにしていたアニメが観れなかった思い出もあります。

4~5年前、弟と母は一度来たそうですが、山中にあるお墓はまだ健在で、伸び放題の木々や草たちをカマで刈り、綺麗に掃除できたそうですが、今回は違いました。
お墓に覆いかぶさろうとする木々たち、前の道まで進出してきてこわいぐらい。
見たこともない色の大小のクモもたくさん、手の平ぐらいのナナフシ、もちろんスズメバチも飛んでいます。
何がいるかわからない、荒れ放題、と言ったところでしょうか。
けれどお墓の正面だけは、木々もかぶさることなく、移り変わる山の景色を見ているようにも思いました。
とてもじゃないけど掃除できる状態ではなく、お墓まで直接たどり着くことはできませんでしたが、山を見据えているお墓の正面に立って、みんなで手を合わせてきました。
時がたてば山崩れも起き、お墓は倒され、顔も知らない先祖たちはそれこそ土葬ですから、そのまま自然に土に還って行くのでしょう。
もうこのお墓には、母はもちろん、母の兄弟もだれも入ることはありません。
祖父母や伯父の思い出は私の中もあるので、さみしいですが、何でもない、自然のそのままの、あたりまえの現象なのかもしれません。

お墓の状況は変わっていたけれど、懐かしい山の風景は変わっていませんでした。
手つかずの自然がそのまま残っていました。
季節柄、田んぼは綺麗な緑、山の木々の緑。
緑にもいろいろあります。
水路には影になったところに小さなカエル達がいっぱい。
黒い大きなムカシトンボ、オニヤンマ、大きなアゲハ蝶。
鶯が鳴き、トンビも飛んでいる。
都会の音が全くしない場所。
車も人も通りません。
猛暑だったけど、山は風が吹き、湿度も低く、カラッとしていて、とても気持ちが良かったです。
雲ひとつない青空と田んぼや山の緑のコントラストがとても美しかったです。
大人になったからでしょうか、幼少の頃と感じ方が違うのですね。

そのあと、母の最初の実家があった場所へ移動。
借家だったので、もう大家さんの農業道具の納屋になっていましたが、まだ健在でした。
家の前の畑も少し残っており、家の周りの石垣も健在。
帰省のたびに、私と弟はこの石垣の溝で沢ガニ釣りを楽しんでいました。
この沢ガニ釣り、本当に楽しかったんです!
お風呂を沸かす細い薪に、タコ糸で小さく切ったお漬物のたくあんを結んでつるし、それをカニの近くまでカニがいそうなところに降ろすと、カニがひょっこり、ちいさなハサミでそれを挟もうとします。
それをタイミング良く釣るのです!
もう入れ食い状態(笑)
これが楽しくて楽しくて!
(ときどきヘビも泳いでいた・・・)
小学校の夏休みの絵日記に、いつも書いていました。

この家はまだ近所に人が住んでいたので、山の中より人がいますが(笑)、それでも肥溜めはつぶされ綺麗な庭に、家の裏の大きな柿の木ももうありませんでした。
牛を飼っているお宅もあったのですが、もうそんなお家もありません。
3階建の家、綺麗な最近の住宅が建っていました。
広いと思っていた家や縁側は、実はあんなに小さかったのですね。

家の近くには3種類の川があり、少し下に降りたところにある川(私たちは家の周りのカニ釣りができる石垣の溝を小さな川、下の川を真ん中の川、ジャンクションを渡った少し離れたところにある川を大きな川と呼んでいました。)はもうなく、ここはよくメダカを獲っていました。
ジャンクション近くの大きな川では魚を獲り、水切りをして遊び、私は靴下を流されたのを覚えています。
ヒルという生き物を知ったのも、このころでした(笑)
従弟たちと一緒に、子どもだけであんな大きな川に遊びに行ってたんですねー。
今思うと、怖いかも(笑)
何もかもが懐かしく、そしてとてもサイズが小さかったことにびっくり。
子どもの頃は、いろんなものが大きいと感じていたんですね。

妹はこの家をほとんど知らないので話題についていけませんでしたが(笑)、私と弟でじっくり懐かしんで、その家を後にしました。

そのあと、西はりま天文台に上り、ひまわり祭りを観に行き、帰路に向かいました。

数年前、大きな水害があった川はちょうど伯父や祖父が入院していた病院の目の前の川です。
まだコンクリートの整備の途中で、水害の生生しさも感じられました。

トータルすれば2~3年は住んだ計算になるかも?という佐用町ですが、時代とともに変っていくし、便利になるし、けれど不便さもまた田舎の良い思い出なのです。
思い出はいつまでも残っているものです。
思い出話に話題が尽きませんでしたが、また近々行くことになるでしょう。



佐用町ホームページ

天文台

ひまわりまつり

ひまわりまつり



スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ - ジャンル : 旅行

| おやこ2人旅 | コメント(0) | |

2009.10.12 15:42



春休みのUSJ。


ET

ET、もうなくなっちゃうんだって。
知らない子が増えたから?が理由らしい。

スパイダーマン

毎度のことながら、人気ね。
ディズニーに権利が行っちゃうのかな?


夜のパレード。
きれいだったよ^^

夜のパレード

夜のパレード

夜のパレード

夜のパレード

夜のパレード




おまけ。
短髪の少年A(笑)
少年A




テーマ : 中学生のママ - ジャンル : 育児

| おやこ2人旅 | コメント(0) | |

2009.03.19 01:26


さて、2日目です。

バスでの移動のフリー乗車券を購入しましたが、目当ての観光地まで行くのに、時間帯が合わなかったり、現地までバスが出てなかったりして、電車を利用する区間も出てきます。

2日目はまず最初に、念願の福井県立恐竜博物館に行きたかったので、最寄り駅まで電車を利用することにしました。
「芦原ゆのまち」駅出発が8時5分だったので、ホテルを7時50分に出発。
それまでに朝食を済ませ(クロワッサンおいしかった~!名物のカレイの干物もおいしかった!しかしクロワッサンとカレイの干物の取り合わせって・・・・)、バタバタとチェックアウトを済ませました。

電車での移動は「えちぜん鉄道」です。
「芦原ゆのまち」駅では、切符の購入は駅員さんとだし、乗客と駅員さんは世間話をしているし、その内容を聞いているだけでもなんとも言えないほんわかした気持ちになれます。
とってもローカルな電車なんです!
一両編成のワンマンカー。
いくつもの駅を通り過ぎるのですが、それがまた無人駅がほとんどなんです。
のんびり、ローカル線各駅の旅が始まりました。

恐竜博物館へは、同じ「えちぜん鉄道」でも途中「福井口」駅で「勝山永平寺線」に乗り換えなくてはいけません。
「福井口」駅は、福井県の中心・福井駅から2つ先の駅というのに、すっごくローカルでした。
ほのぼのー。
乗換えまで時間があるので、待合室にて。

待合室

この小さなベンチ、子供用かな。
かわいい!

待合室

そうこうしているうちに電車が来ました。
目的地の「勝山」駅へ。
同じ路線なのに、今度は女性の車掌さんがいました!
観光地までの案内もしてくれましたよ。

「勝山」駅に着くと、今度は市民バスに乗ります。
普通の路線バスの半分ほどの大きさしかなく、座席も12~3席ほどのかわいいバスです。
一緒だった乗客のほとんどがお年寄りの方ばかりで、重要な市民の足になっているのだなあと思いました。
役所や病院へ寄りながら、私たちの目的地の「福井県立恐竜博物館」に着きました。

恐竜博物館


福井で発見された草食の恐竜。
イグアノドンの仲間ですって。

福井サウルス


こちらは肉食恐竜。
「ラプトル」と言う名前、映画・ジュラシックパークで人間を襲う、あのすばしっこい「ラプトル」とおんなじ!
こわーい!
草食恐竜と歯が違います。
こちらはほとんどが実物の骨格です!

福井ラプトル

日本が大陸と地続きだったとあらためで納得。
まだ人間も誕生してなかった時代。
想像でしかないけど、実際あったできごと。
壮大なロマンです。

(最後には、アウストラロピテクスの骨格標本もありました!)


さて、市民バス(コミュニティバス)の到着時間も近づいたので、博物館を後にしました。
途中、ある中学校の前も通りました。
ちょうど卒業式をしていましたよ。


そのあと、また電車に乗り、今度は2番目に有名な観光地・永平寺へ。

永平寺

永平寺

大きなすりこぎ

このすりこぎに触れると、料理上手になれるのだそうですよ。

木とお線香の香りと、ひんやり澄んだ独特の空気に癒されてきました。
若い修行僧の方たちが、たくさんいました。
お線香の香りよかったな~。

今度は「福井」駅まで、バスのフリー乗車券を使い帰ってきました。

それからは、名物の「ソースカツ丼」を食べて、福井を後にしました。

帰路の特急内で、いろんなことが思い出されました。
観光地ももちろんよかったけど、カンチと久々に旅行に行けたこと。
はじめは行きたくないと言っていたカンチも面白かったらしく、いろんな場所で写メ撮ってたし。
そして、地元の方の生活の様子もすこーし見れたこと。
のんびりできたこと。
とっても楽しかったです。

窓の景色が変わり、ビルが見え始め、大きな派手な看板が目立ち始めると、今度は私たちの地元に帰ってきたのだなあと思わざるを得ません。

のんびり、癒された旅となりました。



テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

| おやこ2人旅 | コメント(2) | |

2009.03.18 15:55


行って参りました!
すっごく久々の親子2人旅です。

カンチが小6のときに、いまやなつかしの愛・地球博に行ってから(爆)、およそ3年ぶりの旅行です。

カンチも受験も卒業式も終わり、春休みに突入。
今までは、部活も忙しかったし、なかなか旅行に行く機会がありませんでした。
この時期を選んで、早くから予約を取っていました!
なんせこの時期は、旅行代も一番安いし!


また、この時期が最後だし、おいしいかに三昧の旅行を計画しました。
すっごく行きたかった恐竜博物館目当てもあり、行き先は福井県に決定!
特急列車の旅に出かけたのでした。



出発の朝、いつものごとく寝坊から始まりました・・・・。
自宅から6時半の電車に乗って、8時の特急に乗らないといけないのに、起きたのは6時39分・・・・。
ぎゃー。
飛び起きて、カンチを起こし、急いで身支度。
冷や汗もんでしたよ。
とほほ。
でも、時間に余裕を見て6時半の電車に乗ろうと計画していたので、30分遅れの7時の電車でも特急に間に合いました。
(自宅から最寄の駅までダッシュで3分・・・が、さすがにお化粧する時間もありません。もちろん朝食抜き)
まあ、電車はやっぱり通勤ラッシュでしたが、通勤時間だったから電車の本数も多かったんですよね。
通勤ラッシュに感謝!?

特急の待ち時間に、お茶やおにぎり・サンドイッチを購入(朝、ごはんをしかけていたけど、食べられなかったし・・・・ごはんはちゃんと冷蔵庫に入れてきました。ぎゃっは)。
でも、こんな簡単な食事を駅で買うときでさえ、これから旅に行くんだなあとも感じるんですよね。
約2時間半特急に揺られ、1日目の行き先「芦原温泉」に到着しました。
結構空気がまだ冷たいかも~。


今度はバスに揺られて、宿泊先のホテルのある「芦原ゆのまち」駅に行かねばなりません。
2日目の行き先も考えて、バスでの旅にお得な「東尋坊・永平寺2日間フリー乗車券」を購入しました。
しばしバスに揺られて、「芦原ゆのまち」駅に到着。
まだチェックインには時間があるのですが、ホテルまで行って荷物を預かってもらい、そこからまたバスに揺られて福井県では観光名所の一番にあげられる「東尋坊」へ行きました。
実はこの「東尋坊」は、私は行くのは20年ぶり、3回目なんですよね~。
まずまずの近場ですので、独身時代に温泉旅行に行ってたんです。


東尋坊

東尋坊


断崖絶壁の観光地なのですが、20年ぶりに行くため、日本海の荒波に、岩もずいぶん削り取られて形が変わっているのではないかと心配していましたが、そんなことはちっともわかりませんでした。
当たり前・・・。

そうこうしているうちに、激しい雨に見舞われ、しばしお土産屋さんで休憩。
夕食はかに料理なので、今食事してはいけないと思い、それでもちょっとだけイカの姿焼きとほたての串焼きを1皿ずつ注文しました。
お昼ごはん食べてなかったしね。
イカがやわらかく、とってもおいしかった!


そのあと、またバスに揺られて、古い漁港町である三国湊町と言うところで降りました。
雨も止んだので、ぶらぶら散策です。

ガイドブックにも載っているし、ちょっとした観光地にもなっているようです。
私たちの他に、何組か観光客もうろうろしてました。
名物のジェラートを食べている人もいましたよ。



ノスタルジックな造りの旧森田銀行。

三国



その後、またバスに乗り、ホテルへ到着。
しばし休憩してから、私は一人で夕食までのあいだ温泉へ行くことにしました。
温泉では一人での~んびり、ゆ~っくり、露天風呂も楽しめました。


そして待ちにまった夕食!
私たちはかにの他に、ふぐも食べたかったので、「かにふぐづくし料理」を予約していました。
が・・・。

欲張りな割には、全部食べきれなかったのよねえ。
あの量は、絶対残す人もいると思うよ。
炭水化物食べてないのに、お腹がいっぱいになるのですから!!!


このほかに、かにそば、ふぐの唐揚げ、かに茶碗蒸しが出てきました。
それはしっかり食べました!
てんぷら、かに釜飯、かに味噌汁は食べられなかった・・・・。

かにふぐづくし


そして、おみやげ屋を見たり、部屋に帰ってのんびりテレビを見たり、私はもう一回温泉に入り、すでに敷いてくれていたお布団に入ったのでありました。


テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

| おやこ2人旅 | コメント(2) | |

2005.10.23 21:02

2005年、カンチ小6。
行ってきました、2回目の映画の国へ。

先日までこちらは晴れて暖かかったのに、なんで週末から寒くなるのだ。
しかも、雨。
朝出発しようと思った時間はすごいどしゃぶりで、駅まで行くのに勇気がいりました。(駅まではすぐなのだが、それでもびちゃびちゃになりそうだったよ・・・)
前は実家と一緒に行ったので、車で行きましたが、今回は電車で行ってきました。
所要時間1時間ほどで着きます。
土曜日なのに、なぜか学生が多く(何かの行事だったのかなあ。文化祭?)すごい混んでラッシュアワーのようでした。

現地に着いたら、もう雨は上がっいたけど、今度は海風が強くて冷たく、寒いくらいでした。
ハロウィンの期間でもあると同時に、クリスマスの準備期間でもあるためか、大きなクリスマスツリーも飾ってありました。
そして、やっぱり人・ひと・ヒト。
土曜日だったしね。

最初は「セサミストリートの4-Dムービーマジック」を60分待って観て堪能し、その後もうすでにお昼前だったので、混まないうちに、お昼ご飯を食べました。
今回は一旦パークを出て、ユニバーサル・シティウォークにある、「ババ・ガンプ・シュリンプ」へ。

その後パークに戻り、「E.T.アドベンチャー」へ80分待ちで体験。
一緒に行った友達親子の4歳児男児は、初めは良かったものの、自転車にもう少しで乗れる!と言うところで大泣きしてしまいました。
あの雰囲気は、やっぱり怖いみたい。
乗ってしまえば、涙は止まったみたいで。
よくがんばりました!(笑)

ねずみの国のようにパレードはやっておらず(今だけなのかな)このハロウィンの期間は休日のみ、タレントのユン・ソナさんがメインイベントに参加されると言うことで人もすごかったけど、結局それは観ずに、別のアトラクションへ。
「ウォーターワールド」(水がちょっと寒かったけど、おもしろかったヽ( ´ ▽ ` )ノ )、30分待って「ジョーズ」を体験し、するともう真っ暗になってきました。
あと「ジュラシックパーク・ザ・ライド」を見物し、ターキーレッグを食べて帰ってきました。

やっぱりアトラクションは並びます(笑)
帰りに「シュレック4-Dアドベンチャー」を観ようと思ってたけど、もう110分待ちとかで、あきらめました。
「スヌーピー・プレイランド」もいっぱいでした。

今回は4歳児男児が楽しめるように、家族向けのアトラクションを体験してみたけど、でもやっぱり私は楽しめたぞー。
帰ってきてからは、アトラクションの話題と言うより、4歳児男児の数々のゆかいな行動ぶりに、カンチと花がさきました。
あんたもあんなだったんだけどねえ。
いつのまに小さい子を見て、笑えるようになったんだか・・・。

あーおもしろかった!
また行こうっと。

テーマ : 家族でお出かけ - ジャンル : 育児

| おやこ2人旅 | コメント(3) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。