--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2006.02.11 23:44

お産の場面で、産婦さんの夫・パートナーのみならず、産まれてくる赤ちゃんの兄弟が立ち会うお産も少なくない。
2~3歳のお兄ちゃん・お姉ちゃんの立会いももちろん、年齢の離れた兄弟がいれば、なおさら産婦さんのたっての希望が強いようだ。
上の子に、弟・妹が新しく家族の一員になる瞬間を、立ち会わせたい、そう思うようである。

上の子がまだ幼児の場合、自分のお母さんに起こっていることがあまり理解できないのは無理ないが、でも、いざ赤ちゃんが産まれると、力の限り手足をばたばたさせて泣いている目の前の小さな人間を、興味津々、じっと見つめている。
「赤ちゃん、赤ちゃん」って指さしてお話している。
そんな光景もほほえましいのだが、私が好きな光景はなんと言っても、年の離れた兄弟が立ち会う場面。

今までに、いろんな兄弟の立会い分娩の場面があった。

陣痛のために、普段のお母さんと様子が変わるから、びっくりして泣いてしまう子もいた。
辛そうにしているお母さんって、家庭生活ではきっとあまり見たことないからら仕方ないものね。
夫と上の子と家族みんなで立ち会うお産が多いけど、小学生のお姉ちゃんだけが立ち会い、そのお姉ちゃんとたった2人でお産に臨んだ産婦さんもいた。
インファント・ウォーマーの上で、私達が赤ちゃんの処置や観察をしている間、じっと赤ちゃんを見つめていた。
産まれたばかりの赤ちゃんって、本やテレビで見るのとは大違いで、羊水で身体も髪の毛もびちゃびちゃしているし、バターのような白い胎脂でべたべたしているし、白い寒天のような長い紐がお臍から伸びてるし(笑)
それに、血液だって付着している。
でも、怖いともびっくりした様子もなく、その子は赤ちゃんをじっと見つめ、一言「かわいい」とだけつぶやき、にっこり笑った。
よく頑張ってお母さんを励ましてあげたねって褒めると、すごくうれしそうに、また笑った。
早く抱っこしたいね、とこちらが問いかけると、大きく「うん」とうなづき、私達が行う処置をじっと見つめていた。

また、ある子は。
お産も無事済み、深夜のお産だったので、これからお父さんと家に帰らなければいけないので、明日までお母さんと会えないから、お母さんに抱っこ(hug)してもらい、と促したら、なんとお母さんにhugしてもらうよりも、みずから赤ちゃんを抱っこしてから帰りたいと言い出した。
赤ちゃんにお母さんを取られて寂しいと言う気持ち(その気持ちは、どれだけ大きい上の子でもあって当然なんだけど)、それを上回るくらい赤ちゃんがかわいいと思ってくれたのかしら。
私達もびっくりしたけど、その反面新しい家族をすんなり、それも自然に受け入れた彼女に、ひどく感動してしまった。
子どもって、本当にすごい。

陣痛って本当に辛いけど、その先に希望があるから頑張れるんだと言う姿勢を、子ども達に身を持って教えることができる、一つの人生教育のようにも思う。
単に、新しい家族を受け入れる、だけではなく。
もちろん、かけがえのないいのちの教育が前提だけど、いろんな意味を、子ども達に教えれる機会だなあと思う。
何を学ぶかは、お産までに産婦さんが上の子にお話する(教える)ことは必須だけど、それ以上に、いろんな意味ですごく学んで、成長する機会だなあと。

面会時間が過ぎ、しばしお母さんと離れてしまうけど、そんなときに寂しさをあまり感じさせず、赤ちゃんに素直に「明日、また来るね、バイバイ」と言って、赤ちゃんの手を握る姿はなんとも言えない光景だ。

きっと、あなたたちは、命を人を大事にする大人になってくれることでしょう。
赤ちゃんに負けないように、あなたたちも、元気に健やかに育ってほしいものだと思います。
助産師は、もちろん赤ちゃんとお母さんの幸せを願っている職業だけど、あなたたち大きな子ども達に対しても、すくすく育ってほしいと思っているんです。
あなたたちも、こうやって産まれてきたんですから。

スポンサーサイト

テーマ : マタニティライフ - ジャンル : 育児

| 助産院へようこそ! | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2005.11.29 01:46

はい、仕事熱心シリーズ、第3弾(笑)。
7~8年ほど前、1年間カウンセラー養成の研修に通っていたことがあります。
研修会場は都心にあり、すごくにぎやかで関西では有名な商店街のある場所で、そこへ通うのがいつも楽しみでした。
商店街の一角に、額縁屋さんがあり、時々そこで時間をつぶしては、絵や雑貨を見ていたもんです。
本職は額縁屋さんでも、お店の奥には、結構な値段の付いた有名な画家の絵が飾ったり、売られてあったりして、もちろん手が届くような品物ではないですが、見るだけで心が和むものです。

そこで、なんとなく目に付いたのが、この絵です。

あれ?もしかして、シャガール???
私はシャガールが好きなんですが、この絵、ひょっとして?

もちろん、値段は1000円いくらかの額縁だけを取り扱っているコーナーに、ちょこんと置かれてあったので、そんなことはないんですが、それでも絵のタッチが似てるし、何よりお母さんが赤ちゃんを抱いている様子が、なんとも素敵でやさしくて。
シャガールでなくても、もうなんでもいいや。
とにかく、この絵が気に入った(値段も)!

家に帰ったあとは、私が持っているシャガールの絵本や、数冊のポストカード集を見まくったのですが、これと同じ絵はないんです。
各絵の、隅っこにも、このような絵はないのです。
(シャガールはよく、メインの人物以外に、羊や人間たちを隅っこに小さく描いてますよね)
多くの数あるシャガールからは探せそうもありません。
まあ、そんな値段で手に入るのだから、シャガール風に描かれた「イラスト」だと思うのですが。
でも、素敵でしょ?


やさしさにあふれて・・・


私が持っている、シャガールの絵本。
青い色がとっても綺麗です。

テーマ : マタニティライフ - ジャンル : 育児

| 助産院へようこそ! | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2005.11.27 23:25

この休みの間、掃除の合間にこんな写真を撮って遊んでしまいました。
だから、作業がはかどるわけがないよねえ。

私のお気に入りの雑貨たち。


赤ちゃん、よしよし♪

今年の愛知万博で、購入したもの。
お母さんが赤ちゃんを抱き上げて、あやしています。
アフリカの、どこかの国の雑貨。
バナナの皮で、出来てるんじゃないかな。
もう、一目ぼれで買いましたww
あと、万博で買ったものではないけれど、こんなバナナの皮で出来た雑貨はあと2~3種類飾ってます。


元気な赤ちゃんが産まれますように♪

これも愛知万博で買いました。
これもアフリカの雑貨。
安産のお守りだそうで。
人間が2体くっついて売られていたんですが、初め「赤ちゃんの人形だ!」と思って、即買ったのですが、家に帰ってきてから良く見ると、「めおと人形」でした・・・・・^^;
まあ、夫婦仲良く、って言うのは、安産の基本ですからねww
しかし、明るい所でまじまじ見ると、ちょっとこわい?(笑)


えいや!

タイのパビリオンにて。
子どものムエタイ人形。
表情がかわいい^^
これも一目ぼれ。
元気に育ってね。


赤ちゃん、ねんね

これはもう、随分前に買ったものなので、色あせてます。
飛騨に旅行に行ったときに、このクタッとした感じがすごくかわいくて、買っちゃいました。
ご存知、さるぼぼ人形。
子どものお守りとか、安産のお守りとか言われてますね。


安産って、妊婦さんたちだけのものではないんです。
助産師は、いつも安産を望んでいますから。


テーマ : マタニティライフ - ジャンル : 育児

| 助産院へようこそ! | コメント(6) | トラックバック(0) | |

2005.11.22 22:10

当直明け。
久し振りに、だーれも入院のいない当直だった。
あと1週間もしないうちに、月末のベビーラッシュがやってくるとは思うんだけど。

やっぱり、だーれも入院してないと寂しいなあ。
やらなければならない事務作業や雑用をこなし、しばしパソコンで遊んだり。
掃除したり、翌日の準備をしたり。
気づいた業務連絡は、朝にならないとできないし。
深夜をまわった時点で、仮眠することにした。

だーれも入院してないと、逆に眠れないものだ。
カチカチと時計の音だけが、妙に耳につき、寝つけない。
それでもうとうとしていると、夢?空耳?なんだろう。
何かが分娩室の方から、聞こえて来るような気がして。
私は目をつむってるし、寝てるので、多分夢なんだろうけど。

そう。
赤ちゃんが泣いてる・・・・。
私は「ああ、赤ちゃんが泣いてる。早く抱っこしてあげなくちゃ」と思ってるんだけど、身体が動かなくて。
いわゆる「かなしばり」って言うやつだ。
それも、霊的なものではなく(多分・・・・私は霊感まったくないし)、脳が目覚めてるけど身体(筋肉)は寝てるって言うやつだと思う。
(第一、ここは自然分娩のみ扱う施設なので、霊的な赤ちゃん関係のかなしばりって言うことはまず皆無である)
どのくらいの時間が経ったかわかんないけど、いつまでも「早く抱っこしなくちゃ、抱っこしなくちゃ」ってずーっと思ってた。

変な夢。
うなされてたわけではないけれど。

朝、日勤さんにその話をしたら、「みなみさん、疲れてるんやよ・・・私もときどきあるもん。やっぱりどっかでリフレッシュしないと、いい仕事できないねえ」なんてしゃべってた。
先週忙しかったしね。
そうかもしれない。
誰かが入院してないと、逆に安心して仮眠ができないんだ。

さっき、別の同僚と電話での会話。
昨夜の赤ちゃんが泣いてる夢を話したら、「私も悪夢を見るねん」とのこと。
赤ちゃんがチアノーゼを起こし、急いで酸素吸入や処置をほどこしていると言う夢。
「やっぱり疲れてるんやねえ」とお互い声を合わせて納得していた。

また温泉行きましょう。
岩盤浴で毒出しし、タイ式マッサージを受けましょう(笑)

テーマ : マタニティライフ - ジャンル : 育児

| 助産院へようこそ! | コメント(3) | トラックバック(0) | |

2005.11.07 00:22

行くか行くまいか。
先月、今月の勤務表を作りながら迷っていたけど、研修に行くことができた。
大抵、私達の研修って、2日ほど連続して行われるのがほとんどだけど、今回は遠方まで行かなくてもよく、また半日だけで終了するものだったし、やっぱり行かなくちゃいけないテーマだったし。
そんなことを話しながら、同僚と2人で行ってきた。

カンチを取り上げてくださった恩師の、講義。
(まあ、割りと頻繁に恩師とは顔を合わせるのだがね^^;)
いつもいつも、若手の助産師や学生のために、頑張っておられる。
後輩のために、技術や助産観を伝授してくださる。

学生の頃に受けた会陰保護技術の講義は、やはり今なお新鮮だ。
結局、医療は進歩しても、助産と言うものは、基本は不変なわけで。
助産師やって、十数年。
初心に戻るには、こういう研修は大変身になる。
特に私が働く職場は、自然分娩のみ扱う施設なので、助産師の力量はもちろん、判断だってまかされるけど、けれどそれが安産であったからと言って、決しておごってはならないのだ。
いろんな要素が集まって、安産が導かれただけであって、決して助産師だけの力ではないからだ。
おごってしまうと、取り返しのつかない事故につながってしまう。
お母さんが自分で産もうとする気持ちと体力や身体の構造、赤ちゃんが元気であってくれたこと、家族の協力。
介助する助産師だけでなく、まわりでサポートしてくれる助産師の力。
全てが一緒になって、初めて安産が導かれる。

会陰保護は、何も会陰裂傷を避けるためのものではない。
女性にとって会陰とは、やっぱり自分の身体で大切な場所。
そこを傷つけずにお産ができるなら、女性は育児のスタートを、身体も心もよりよい状態で迎えられ、子どもをかわいいと思ってくれる。
たかが会陰、されど会陰。
会陰を傷つけたくないと言うお母さんの気持ちと、赤ちゃんのいのちを尊重してこそ、会陰保護なのだ。
産まれる瞬間だけ、その技術が初めて発揮されるのではなく、もう妊娠中から会陰保護は始まっている。

裂傷を起こすのは助産師の技術にかかっている、とはおごっている気持ちだと思う。
確かに、粗暴で未熟な助産技術では、たとえ会陰切開を行ったとしても、裂傷を起こしてしまうこともあるだろう。

お母さんの協力も、すごく必要。
そして、赤ちゃんが元気であってくれてこそ、会陰裂傷を起こさぬように、ゆっくりお産が進めていけるわけで。
赤ちゃんが、少しでもしんどいサインを出したなら、会陰裂傷を起こしてでも、早く産まれさせてあげなくてはならないからだ。

いろんな要素で、安産。
いろんな要素に私も助けてもらって、いのちに安全なお産の介助ができる。
赤ちゃんが元気であれば、自然分娩をこの人に提供してあげたい。
この人の身体を、不要に傷つけたくない。
女性と赤ちゃんに、優しい助産を提供していきたい。
研修を終えて、そんな優しい気持になった。
また頑張ろうっと。

| 助産院へようこそ! | コメント(0) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。