--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.10.24 19:23


映画にひたる。

アップです。

今回は懐かしい映画を選びました。

小学生頃に初めて観たと思うのですが、それから30年も鑑賞することなく今に至った映画があります。
レンタル屋さんに行くと、そんな古い映画もたくさん揃っているので、ちょっと借りてみました。



「奇跡の人」

奇跡の人奇跡の人
(2007/02/02)
アン・バンクロフトパティ・デューク

商品詳細を見る




おなじみヘレンケラーとサリバン先生のお話です。
昔は偉人伝とか言って、よく目にしたお話なんだけど、今はあんまり教科書にも載っていないようです。
カンチも知らなかったようです。

私の父は相当な映画好きなのですが、映画館に連れて行ってもらった記憶があります。
随分古い映画なので、その当時も再演だったのでしょう。


以下、ネタバレ。

幼い頃の高熱がたたって、視覚・聴覚・言語のハンデを背負ったヘレン。
真っ暗で音のない、何も聞こえない、そして自分の言いたい事も言えない不自由さ。
裕福な家庭で、家族の愛情をたっぷり注いで成長したヘレンですが、この愛情はヘレンをわがままで、社会生活を営むには程遠い人格にさせていきます。
家族は、ヘレンを「かわいそうな人」として、育ててきました。
見えないなんて、聞こえないなって、しゃべれないなんて。
この時代の背景もあったのでしょう。
サリバン先生が育った修道院も、今で言う福祉施設なのでしょうが、この時代(きっと日本もそうだったと思うのですが)は、本当にひどい生活を強いられています。
そんな施設を目の当たりにした、しかも裕福な両親からすれば、そんなとこでしかヘレンが生活できない(きっと自分達がいなくなったあとも)不憫さを嘆いたにちがいありません。


でも、「かわいそうな人」として、育てることは果たしてヘレンにとって良いことなのでしょうか。
ヘレンはこれからも一人の人間として生きていかねばならないのです。
サリバン先生は、それをまず、ヘレンの食事の仕方で見抜きます。

家族がテーブルを囲み、一緒に食事しますが、父親と異母兄は戦争や政治の話で口論し、母親は本を読みながら食べています。
その合間をぬって、ヘレンは立ちながら、歩きながら、ナイフもフォークも使わず、手掴みで食べて行きます。
ヘレンのお皿は、ありません。
家族のお皿の中から、手づかみで好きなものを、歩きながら、こぼしながら、食べて行きます。
団欒のない、ばらばらな食卓。
食べられれば良いのでしょうか。
お腹が満足になれば良いのでしょうか。
食事とは、そういうものではないはずです。

サリバン先生は、「人間としてのしつけ」として、食事の仕方についてヘレンを教育します。
有名なシーンですね。
しかし、「しつけ」とは「行儀良く」でも「社会的常識」でもないのではないでしょうか。
「人間としての生き方」なのではないでしょうか。
私はそのシーンを観ながら、そう感じました。
誰にも虐げられることではない、誰からも脅かされることではない、人間としての尊厳です。
もちろん、食事だけでなく、生活習慣も大切です。
しかし、食べることは生きて行くことですから、食事は人間にとって一番大切な行為です。

大変頭の良いヘレンなので、自我が通らないと、サリバン先生への反抗心も半端なものじゃありませんが、サリバン先生がどれだけヘレンを人間として教育され、やがて物には名前があるという世界を知らされ、それに喜び、サリバン先生と信頼関係を築くようになります。


大人になって観ると、本当に良い映画だなあと思いました。
子育てにも通じるものがある映画です。
子ども心と違った視点で鑑賞できます。

ちなみに、「奇跡の人」って、「miracle worker」の訳で、ヘレンに奇跡を起こしたってことでサリバン先生のことだったんですね。
私は障害を克服したヘレンのことだと今の今まで思っていました。
やはり、大人になって理解するものは多い(笑)



懐かしい映画をもうひとつ。

「フレンズ~ポールとミシェル」

フレンズ ポール&ミシェルフレンズ ポール&ミシェル
(2008/03/21)
パスカル・ロベールロナルド・ルイス

商品詳細を見る



これも、小学生の頃にテレビで観た記憶があり、DVDが並んでいるのを見てはっと思い出しました。
どんな映画だったかな。
幼いカップルが、恋愛をして、子どもを産み、そして何だか別れるような内容だったような。
子ども心に衝撃的だった思い出があります。

実は、この何日か前に、助産師がらみのネットでこの「フレンズ」に関して投稿があり、自宅分娩のシーンにえらく共感したと言うコメントを読んだのです。
それもあったので、思いきって借りてみました。




はっきりいって、何度も観ました。
胸がジーンとする内容ばかりです。

裕福だけど、親の愛情の薄い家庭で育ったポールと、父ひとり子一人で育ったミシェル。
そんな大好きな父が他界し、身寄りのないミシェルは従姉の家に居候しますが、従姉の恋人もこれまたひどい奴で、彼女は居場所がないと感じます。
そんなとき、ポールと出会います。
お互い家庭になんらかの問題を抱えているので、14歳と15歳の思春期と不安定な年齢もあり、彼女達は意気投合し、デートをするようになります。
不注意でポールの父親の車を池に落としてしまうことから、家に帰れず、やがて町を離れ、ミシェルが育ったフランスの田舎の小さな家にたどり着きます。

ポールの父親からは捜索願いも出され、ポールは新聞にも載るようになります。
所持金も底をつき、幼い2人のままごとごっこも長くは続かず、けんか別れしますが、お互い大事に思い、また一緒に生活を始めます。

浜辺で漁師が売り物にならない鰯を捨てるのですが、それをこっそりポールが拾い、晩ごはんのおかずに持って帰ります。
たった3匹の小さな鰯をフライパンでソテーし、ミシェルは2匹をポールに、自分は1匹だけお皿にのせるのですが、これまたポールが、自分のお皿にのった2匹のうち、1匹をナイフで半分に切り、ミシェルのお皿にのせてあげるのです。
相手を思いやる気持ちが垣間見れ、こちらも優しい気持ちになれるシーンです。

教会で結婚式の真似ごとをし、やがて妊娠し、ミシェルは自宅出産します。
介助者はだれもいません。
ポールだけです。
赤ちゃんは無事生まれ、教会で内緒で洗礼も受け、ポールは仕事も見つかり、これからと言う時期に、ポールの勤める農場に警察が来ます。
それを知らずにポールはその朝も仕事に出かけていくのです。

映画を観てから、ちょっとネットで検索してみたのですが、ファンがとっても多いのですね!
そのファンの声にこたえてか、この春にDVD化になったとか。
ファンが多いのもうなづけます。
映画の年代からか、私よりも年配の方々に熱いファンがいらっしゃるんですね。


自宅分娩に関しては、はっきり言ってハイリスクきわまりないミシェルです(笑)
妊婦健診にも行かず(病院に行くと身元がわかるから行けない、お金もないし・・ポールは行きたがってたけど)、しかし2人はけなげにお産の本で一生懸命勉強を始めます。
特にポールはとっても一生懸命です。
内容もおもしろいの。
お産はどこでするかと言うポールの問いに、ミシェルは自宅で、と言います。
そのときに「助産師さん」と言う言葉も出てきます。
mid wifeね。
訳が「助産婦」ではなく「助産師」と言うところが、最近出されたDVDだなあと思いました(笑)

自宅分娩の道具も揃え、そのときを2人で待ちます。
結局2人きりの無介助分娩なのですが^^;
お臍を切ったりなど、こまかな内容も表現されています。

10代の若者が、大人に反抗して、妊娠し出産をする・・・・なんて、よくあるドラマの内容ですが、彼らはあくまでも純粋で、「ともだち」なんです。
同じ境遇を生きる「ともだち」なんです。
友情なんですね。



フランスの片田舎を、手をつないで散歩するシーンは本当に素晴らしいシーンでした。
音楽がエルトン・ジョンだなんて、当時は知りもしなかったですが、大人になって観ると、これまた素敵ですね。
ミシェル役の女優さんは、とても綺麗な女の子なのですが、最近他界したとネットで見ました。


ちなみに。
画像をクリックすると、アマゾンに飛びます。
この映画のレビューに「みなみさん」と言う方からのコメントが載っていますが、私ではありません(笑



カンチはよく友達と映画を観に行きます。
観た映画は、また必ずレンタルに付き合わされます。
いろんなジャンルの映画を観るのも、楽しいもんだなあと思います。
しかしアクションばかりもつらい・・・・^^;



スポンサーサイト

テーマ : 30代のライフスタイル - ジャンル : ライフ

| 映画にひたる | コメント(4) | |

2008.09.15 18:16


今年も暑い夏が終わり、朝晩とっても涼しくなりました。
夏休みはカンチの部活も終了し、彼は夏期講習に明け暮れてそれもまた大変そうでしたが(塾代を稼ぐこちらも大変なのだがww)、部活のしんどさと比べたらまだのんびりとした夏休みを送れたようです。
こちらも朝晩栄養のつくスタミナランチを提供せずに、仕事に行けたしww
母親業としては、これはちょっとラクでした。

私の仕事もあまり忙しくなく、お互いのんびり過ごせた8月でした。
親子のコミュニケーションもゆっくり取れたかな?と言う感じ。

そんな毎日でしたので、私達は、夜な夜なレンタルビデオ屋さんに出かけることが多くなりました。
今月も引き続き仕事が忙しくないし、秋の夜長も手伝って、2学期が始まっても夏休み気分が抜けない親子であります。

今までは映画と言えば、小さいカンチとアニメ映画を良く観に行ってましたが、彼はここんとこ友人やおじいちゃん(私の父)と映画に行くことが多くなり、私の出番はなくなりました。
これまた映画代を稼ぐにとどまります。
(ついでに、洋服代やヘアカット代も、贅沢になってきたのか、おしゃれに気を使うようになってきたのかわからないけど、この年頃の男子はお金がいるのねぇ・・・私が選んだ服なんてもうすでに着なくなったし)

そうなれば、私も女子を楽しまなくっちゃと言わんばかりに、たくさんの映画を観ました。
観に行けなくて頭の隅に覚えていた映画を、かたっぱしから借りてきました。




まずは女子の定番ラブストーリー。



すっごく観たかった「ホリデイ」。

ホリデイホリデイ
(2007/08/09)
キャメロン・ディアスナンシー・メイヤーズ

商品詳細を見る


キャメロン・ディアスとケイト・ウィンスレットが出演。
そして、世の中の物理と生物と生理の中でこんな美しい顔が作れるのかと思うほどの顔、ジュード・ロウ。
あの顔、本当に大好きです。
たまには美しいものを観ないと、心の浄化はできませんよねえ(爆)

ロスとロンドンに住むバリキャリの2人の女性が、恋愛に傷ついた事から、仕事も今の生活からも離れ休暇を取ることにします。
ホームエクスチェンジのサイトでお互いが出会い、家も車も全て交換し、つかのまの休暇を楽しもうとします。
しばらく恋愛から離れていたい2人だったんだけど、やっぱり出会いってあるものなんですよね。
働く女性のテーマでは、最近では一番観たかった映画でした。



次に観たかったのは、「プラダを着た悪魔」。

プラダを着た悪魔 (特別編)プラダを着た悪魔 (特別編)
(2007/04/18)
メリル・ストリープアン・ハサウェイ

商品詳細を見る


ジャーナリストになりたい主人公は、ちっともおしゃれに興味がないのに、一流ファッション誌の面接を受け、見事編集長のアシストの職を手に入れます。
悪魔のような鬼編集長に、24時間公私関係なく振りまわされてばかりの主人公ですが、やがて仕事のおもしろさ、厳しさを学んで行きます。
最後は自分が本当にやりたかった仕事と彼との生活に戻るのですが、鬼編集長のアシスタントをやったことは彼女のこれからの大きな糧となっていきます。
主人公のアン・ハサウェイがとってもキュートでポジティブ。
勇気付けられます。
鬼編集長役のメリル・ストリープも、ホテルのシーンですっぴん(?)のような顔も見せていました。びっくり!
出てくるファッション、ファッションがとてもゴージャスで、まるで本当に一流のファッション誌をめくってるかのようで、こちらも楽しめました。



次に借りたのが、「マリー・アントワネット」。

マリー・アントワネット (通常版)マリー・アントワネット (通常版)
(2007/07/19)
キルスティン・ダンストジェイソン・シュワルツマン

商品詳細を見る


スパイダーマンのMJ役のキルスティン・ダンストが主演です。
最近の映画ですよね。
まだ14歳のあどけなさの残る少女が、異国の男性と決められた結婚をし、その運命を受け入れていかなければならない悲しい歴史もありますが、それはさておき、多感な時期の少女の成長を追った青春映画としてとらえれば、とても楽しく観れました。
歴史映画として観れば、批評は多いみたいですが、観点を変えればおもしろかったです。
現実逃避させるようなファッションは素敵で、とってもキュートでした!
女子心をくすぐる映画でしたよ。



次に目に止まったのが「ブリジット・ジョーンズの日記、きれそうなわたしの12か月」です。

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
(2006/11/30)
レニー・ゼルウィガーヒュー・グラント

商品詳細を見る


もう10年以上も前にベストセラーになった小説の映画化です。
当時のわたしは、小説からはまっていました。
前作は何年か前に観たので、続編も観てみようっと。
前作以上に、太り度合いも増したブリジットですが、変わりなくコミカルな愛らしい女性でした。
ブリジット役のレニー・ゼルウィガーは、役の度に体重の増減を繰り返しています。
シリアスな役もされるし、演技派の女優さんですよね。
すばらしい!
弁護士の彼との恋の行方も気になりますが、それよりも強くたくましいブリジットに、多くの女性が惹かれるのでしょうね。
時が経ち、私はブリジットの年齢をすでに追い越してしまいましたが(笑)、続編もとっても楽しかったです。
すっきりしました!

ちなみにシリーズ第一番目はコレ。

ブリジット・ジョーンズの日記ブリジット・ジョーンズの日記
(2005/12/23)
レニー・ゼルウィガーヒュー・グラント

商品詳細を見る




そしてもうひとつ。

「イル・マーレ」を観ました。

イルマーレイルマーレ
(2007/02/09)
キアヌ・リーブスサンドラ・ブロック

商品詳細を見る


スピードで共演したキアヌ・リーブスと、サンドラ・ブロックが主演です。
本来は韓国の映画なんですってね。
2年もの空間を結ぶ不思議な郵便箱を通じて文通しだした男女が、実際同じ年代ではなかなか会うことができなくて、どんどんお互いの気持を募らせていきます。
決して現実には起こり得ない男女の出会いを、ベテランの二人が演じる事で、本当に素敵な映画になってると思います。
感動しました。




アラフォーならぬ、ジャスフォーに突入するわたくしですが、女子力アップのために(!?)、借りてみた恋愛映画でしたが、泣ける話も多く、良かったです。
泣ける話は、心が浄化されますよね~。
いやなものが涙とともにどんどん出ていってくれるような気がします。
泣いたあとは、気分もすっきり!
レッツデトックス。

自分のために映画館に映画を観に行くなんて、何年も忘れていたけど、オフの日には足を運んでみようかなと言う気になりました。

でも、私はすごーく泣くので、おひとりさまで行くのは少し勇気がいります。
家で観れる利点は、一番はコレかもしれません。
一目を気にせず泣けるというww
予告編でうるうる来てしまうわたしなので(ポケモンの映画の予告編で泣けるのですからww)、ティッシュならぬタオル片手に、秋の夜長を楽しもうかな。


また、借りたい映画があるので、観たらアップしまーす。


テーマ : 30代のライフスタイル - ジャンル : ライフ

| 映画にひたる | コメント(6) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。