--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2010.03.01 14:10


先日落語を聴く機会がありました。
落語って、実際聴いた(観た?)ことは一回もなかったのです。

テレビのチャンネルを合わせれば、いつも漫才や落語が観れる環境に育った私は、舞台にまでわざわざ足を運んで観に行くということがなかったんです。
それが、ちょっと落語の舞台を観に行く機会に恵まれました。


落語家の名前は林家染丸。
NHKの朝の連ドラ「ちりとてしゃん」にも出演されていて、落語監修もされていた方です。
師匠と呼ばれるその方の舞台は、大変素晴らしいものでした。


最初は「弟子と子育ては同じもの」というテーマで講演をしてくださり、その講演内容もおもしろおかしく聴くことができました。
講演って、特に午後の部はついついうとうと子守歌代わりになってしまうのに、どんどん引きこまれました。
1時間弱の講演のあと、本業の落語を披露しましょうということで、少し休憩が入り、そのあと落語の舞台に早変わり。
師匠が正座をして、いよいよ始まりました。




話の情景が、頭の中に浮かんできます。
「落語というものは、お客さんの想像力に支えられている」と師匠はおっしゃっていましたが、いえいえ、その語りでは目の前でまるでお芝居を観ているよう。
それだけ素晴らしいものなんですよね。
「想像力に支えられている」のではなく、「想像させている」「観させている」と言うものなのでしょう。
そう言わしめる謙虚な姿勢にも、すごく感動しました。


さすが、プロ。
すごいんです。
なんといっても、オーラがすごい。
話のうまい素人が、長時間しゃべるのとはもちろん違います。
間の置き方、表情。
落ち着き。
もちろん口角につばもたまりません!
安心して聴いていられる、信頼できるんです。



このようになるのには、何年・何十年と修行の日々だったにちがいありません。
弟子を何人も従えて、トップに君臨する師匠でさえ、今も日々の訓練は怠らない。
落語の素晴らしさと同時に、本物のプロのお仕事を間近で見せてもらったことに感動してしまいました。


すごい!

プロってこういうことなんだ!

なんだか喝を入れられた気分。


私も一応「プロフェッショナル」と言う職業についていますが、なんだか自分はもっともっとまだまだだなあと思いました。
20年産婆やっていても。
もちろん師匠とは年齢も違うし、人生経験もまだまだです。
でも免許があるんだから、私はプロとしてこの仕事をしなければなりません。

背筋がしゃきんとしました。
叱ってもらった気がしました。



ちょっとまた頑張れそうかな、と思えました。


くじけそうになったら、また落語を聴きに行こう。
本物のプロに叱ってもらいに行こう。
一生懸命プロとして働いたお金で、恥ずかしくない気持ちで聴きに行こう。


スポンサーサイト

テーマ : 40代のエンジョイライフ - ジャンル : ライフ

| おひとりさま | コメント(0) | |

2010.02.25 22:45


純粋なおひとりさまではないのですが・・・。

先日、母と2人で京都に行ってきました。
京都へ行った目的は、 ハプスブルグ展 を観に行くこと。
ずっと観に行きたいと思ってたんです。

いいお天気~

私は去年、テレビで中野京子さんの「怖い絵」を知って興味を持ち、早速全シリース(3巻)を購入して読みました。
絵は好きなほうなので、夢中で読みました。
とってもおもしろかったんです。
絵から与える恐怖はもちろんですが、その絵が描かれた時代背景や画家の想いなど、その裏舞台がとってもこわくておもしろい。
その本の中に、割と多くあったのが「ハプスブルグ家」にまつわるものでした。


当日の京都はとっても暑く、平日だというのに、京都国立博物館はすごい人!
入場まで30分待ちでした!
館内に入るとひんやりと涼しいものの、人も多い!
混んでいたというのもあるのですが、じっくり観て回ったために2時間弱を要しました。
母と2人でくたくたになったけど、でも本当におもしろかった。

私はクリスチャンではないけれど、聖書が好きなんです。
でも文字ばかりの聖書は難しいので、本屋で偶然見つけた アートバイブル という本をを2巻持っています。
2巻とも若干内容が違うので、聖書のすべてをアートバイブルが網羅しているのではないと思いますが、それぞれ同じ場面でも作者が違うと絵ってこうもちがうものなんですよね。
聖書の内容も興味深く、わかりやすく、絵が好きな人ならば聖書のスタートに良いと思います。

ハプスブルグ展には宗教絵画も多く、それもまた興味深く堪能できました。
事前勉強してると、こんなにも絵っておもしろいものなんです!


博物館に来たなら、今度はお向かいの 三十三間堂 へ。
ここは博物館と違って、人も少なく、お堂の神聖な空気に触れることができました。

お堂の中はひんやりとして空気が澄んでいます。
そこへ、心落ち着くお線香の香り。
美しいと思う香りです。

中庭

これは中庭。


千手観音様が千一体いらっしゃり、その姿は圧巻です。
五百体ずつ左右に立っておられ、その中央にひときわ大きい座っておられる観音様。
だから千一体なんです。
見事に一体一体お顔が違うんです。
必ず会いたい人の顔に似ている観音様が、絶対1人はいらっしゃるんですって!
特に最後は、観音様のすぐ横を通りますので、前から観るよりとても身近に感じられます。
すぐそばにいらっしゃるんですもの!
長い年月やをかけて、彫刻家たちの想いがひしひしと空気から伝わってきます。

千体千手観音様の前に、風神・雷神を始め、二十八部衆と言われる神様たちも安置されています。
観音様のお伴をされる神様なのかな?
名前やお顔を観たことがある神様が並んでいました。


お堂では護摩も置いてあり、私も何か書いてみることにしました。

それは学業成就でもなく、家内安全でもなく、仕事熱心な出産安泰でした(笑)
お祈願してもらわねば!


ルートの最後には、資料や他の彫刻がたくさん並んでいました。
その中に、目の不自由な方のための「なで観音」というのが、安置されていました。
多くの観光客になでられているのでしょう、50センチほどの小さな千手観音様は、お顔や手がぴかぴかになっていました。
私もなでました。
観音様の手を。
ぎゅーっとにぎりしめました。

手って、私たちの職業にとても大切なんです。
手って陣痛をも和らげ、安心させ、お産が順調に進んでいるかどうかもわかる、すごく大きなパワーを持っています。
観音様は千手と言うぐらいですから、たくさんの手をもっておられます。
(42手あるらしいですね)
そんなパワーのある手をたくさん持っておられるのですから、そのエネルギーを頂かないわけにはいきません。


実は、この日の数日前に、お産を担当させていただいた産婦さんから、「すぴかさんの手がいいんです」と言われました。
腰にそっと当てるだけで、気持ちがいいと言ってくださいました。
さするのではなく、当てるだけ。
とても敏感な産婦さんだったのかもしれません。
手を通し、人のぬくもりを感じることは、不安を少なくさせるのでしょう。


そんなこともあって、私は思わず観音様の手をぎゅーっと握りしめました。


また、安産のお手伝いができるといいな。



久しぶりに母と2人だけの日帰り旅行。
とても良い記念になりました。


~怖い絵~









~アートバイブル~







テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

| おひとりさま | コメント(0) | |

2009.10.12 16:53



翌日は2人とも少し寝坊しましたが、またまた私の希望でもある「名古屋のモーニング」を食べに行きました。

これまた朝からすごいボリューム。
でもおいしかった~!
時間的にブランチってとこかな。

モーニング

コーヒーにデザート、サラダ。
パンは2種。
中身はもちろんアントーストと、ピザ風だったかな。
値段忘れちゃったけど、このボリュームですごく安かったんです。
ファミリーで来ている方たちもたくさんいました。


そのあと、今日のメイン明治村へ。
山の中にある博物館なのですが、なんせ敷地が広い!
平日だったからか、観光客も少なかったのですが、外国人の方が多かったのが目につきました。


まずは、帝国ホテルから。

帝国ホテル

素晴らしい建築です。
昔の建物だからか、天井が低かったのが印象でした。
マリリン・モンローやチャップリンも滞在されたそうです。

ホテル内


聖ザビエル天主堂
白い壁が美しいです。
京都に建てられていたんですって。

チャペル

チャペル内

チャペル内

絵画

絵画

絵画

絵画

絵画

2年ほど前から聖書を読むようになったので、シーンがよくわかります。

ステンドグラス



日本赤十字病院

赤十字病院

赤十字病院

聖ヨハネ教会堂
こちらも京都に建てられていたそうです。

チャペル

チャペル内

チャペル内

絵画

絵画


村内は、蒸気機関車や村営バス(トロリーバスみたいなの)や市電で、移動します。

機関車


まだまだ写真はいっぱいあるのですが、アップしきれません(笑)
重要文化財も多く、勉強にもなります。
しかし、これだけの建物をよく移動してきたなあという感じ。

ノスタルジックな気分になれること、まちがいなしです。
とにかく広い敷地。
歩きやすい靴をはいて、ゆっくり時間をかけてまわることをおすすめします。
とにかく、雰囲気が良くて、とても癒されました^^
もう一度、訪れたい場所です!





1年近くぶりに友人に会えて、いろいろ語り合えて、とても充実した1人旅になりました。
いろいろお世話になりました!
ありがとうございました!
また、来年も行きます!
待っててね!




テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

| おひとりさま | コメント(2) | |

2009.10.12 16:00

この夏、私は1人で旅に出かけました!
と言っても、友人のおうちにお泊りさせてもらうので、純粋な1人旅ではないんですが^^;

昨年、離婚カウンセラー養成講座で知り合った方なのですが、また会いたいね~と良く電話で話していたんです。
ちょうど夏休み、カンチも部活の合宿でしばらく家にいないので、同じ時期に私も休みをとりました。

行先は名古屋です。
関西からは、近鉄電車でも、新幹線でも、高速バスでもなんでも行けるのですが、今回は向こうでも遊びたいし・・・と思って、格安な高速バスで行ってきました。
(新幹線と比べると、すごい安いのよねえ・・・)
到着場所は名古屋駅なので、どんな交通手段でも行けるんです。

待ち合わせの時間まで少しあるので、名古屋駅の高島屋へぶらぶらしに行きました。

私が初めて名古屋を訪れたのは、確か高校生だったかな。
親戚が岐阜にいるので、名古屋は必ず通らなければならない場所です。

あのときは、お昼ごはんをどこで食べるか、とっても迷いました。
なんせ、こちらは「食い道楽」の街。
どこへ行くにも、食べるお店はたくさんあり、それが当たり前と思っていたのですが、当時名古屋はない!
母と弟と3人で、とにかく探しまわり、たぶん近鉄かなにかのレストラン街まで行って、きしめんを食べたのを覚えています。
そして、名古屋ではおなじみの名看板、「名古屋ビルヂング」を目にし、大きな衝撃を受けたのも懐かしい思い出です。

そして20ウン年後・・・。
「名古屋ビルヂング」は健在でした!
すごい~!
うれしい~!
思わず写真を撮りたくなりましたが、とても変わっておしゃれになった街で、ちょっと写真を撮るのは恥ずかしいなあと思ってやめました(爆)
名古屋巻きした女性たちが、さっそうと駅前を歩いていたし(笑)

駅前の横断歩道で、名古屋テレビ(愛知テレビだったかな?)のお姉さんに声をかけられ、びっくり!
「自宅でお酒を呑みますか?」みたいなインタビューだったのですが、「私は名古屋の人間ではないんですう~」と言って、おことわりしました(爆)

無事に友人と再会でき、夕食を食べに連れて行ってもらいました。
名古屋に来たら食べたい!と思っていたのは、きしめんかみそ煮込みうどんかみそカツ!

だったら、みそカツのおいしいお店があるからと案内してくれたのが、ココ。

矢場とんさんです。

矢場とん

お腹がすいていた私は、思わずロースとヒレとエビのミックスフライを注文。
エビが大きいの!びっくり!
すごいボリューム!
でもペロリ(爆)
みそだれがおいしかった~。
このみそだれ、お土産用としても売っていたので、思わず購入。

ミックス定食




夕食を済ませて、友人のおうちへ行きました。
インテリアコーディネーターをされていたということもあり、すっごくおしゃれなマンションでした!
周りに高い建物がないということもありますが、バルコニーのベンチに座り、夜景を見渡すと、なんだか現実逃避みたいな気分。
すごく癒されました。
毎日こんな夜景を眺めれるなんて、うらやましいなあ~とも思ったりww

シャンパンをごちそうになりながら、この日はいろんなことを、深夜遅くまで語り合いました。





テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

| おひとりさま | コメント(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。