--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2009.03.14 14:56



中学卒業おめでとうございます。

あなたの未来に幸多かれと、お祈りいたします。


卒業式



スポンサーサイト

テーマ : 中学生のママ - ジャンル : 育児

| 育自エッセイ | コメント(0) | |

2008.04.18 22:08



しかし。
ログインするのめっちゃひさしぶりだ。
管理ページも斬新になっててびっくり!


もう4月も半ば過ぎ。
大半の桜が葉桜になってきた。
今年は開花が早かったので、入学式に桜はどうかなあと思っていたけど、きれいに咲いていた。

中学の入学式は、朝から大雨だった。
3年生になるカンチは、準備にも後片付けにも行かず、体育館が空く午後から部活の練習に出かけていった。
小学校の入学式はその何日かあと。
隣のやんちゃざかりの友人のムスメも晴れて新1年生となり、かわいい洋服で入学式に出席したそうだ。
おめでとう。
友達100人目指すのだぞ。




3月31日まで保育所に通っていたカンチ。
卒園式は、確か20日前後だったと思うんだけど、働いている母たちにとって、卒園しても保育所に子供を通わさなければいけない。
卒園式でわが子の成長においおい泣いていた母たちも、次の日はその余韻もなく、子供たちを保育所に送ってくる。
保育所に通う子供たちにとって、本当の卒園は3月31日なのだ。
さびしく、そして思い出深く。
担任の先生や今までのクラスでお世話になった先生たち、所長先生にお礼とお別れを告げ、最後のお迎えを済ます。

あ~。
明日から小学校なんだ。
そのまま学童保育に登校だもんな。
学童保育は、小学校の中にある。
入学式もまだなのに、学校ヘ行かすのか~。

卒園の記念に、母たちと一緒に思い出の記念品を買いに行った。
その記念品のひとつ、ぷーさんのお稽古バッグに、色鉛筆や落書き帳など、カンチと一緒に用意する。
そして、一番大事なこと。
家の鍵を開けて、一人で留守番すること。
手芸屋さんで売っている太いブルーの紐に、家の鍵を通し、カンチの首にぶらさげてやる。


「あんたの大事な、家の鍵。なくしたらあかん。おうちに入れなくなるよ。」
「家に帰ったら、すぐに鍵を閉めること。」
「ピンポン鳴っても、家の鍵をあけたらあかん。」
「お母さんも早く帰るようにするから、学童から帰ってきても、自転車に乗って一人で友達の家に遊びに行ってはいけません。」

小さなカンチに、いろんなお約束をしていたのを思い出す。



そして4月1日。

近所に保育所からの友達も2人いて、3人でそろって登校した。
それぞれの母は、仕事があるというのに、1時間遅出にする。
みんなそろって第一子なもんだから、心配で心配でたまらないのだ(爆)
徒歩5分という近さなのに、小さな3人組がじゃれあいながら小学校の門をくぐるまで見送っている。

「大丈夫なんだろうか。」
「いや、行きはよくても帰りが心配。」
「一人でお留守番できるんだろうか。」
「私は4時に仕事から帰ってくるから、うちに遊びに来させてくれたらいいよ。」

神様のような一言に、遠慮もしないでお願いした、あの日。
懐かしい。




しばらく学童に慣れた頃。

私も仕事が早く終わり、カンチの帰りを待っていた。
5時になっても帰って来ず。
5時半になっても姿も見えず。


すっごく胸がどきどきする。

家の外に出て、小学校の方を見ていた。

すぐに、小さなカンチが、校門を出る姿が見えた。

ほっと胸をなでおろす。



「あんた、何してたん?心配するやん。遊んでたん?」

「ううん、ちがう。Sちゃんが泣いててん。」

「????。お母さんお迎えに来なかったん?」
(Sちゃんは少し遠いところから通っていた女の子。保育所時代の同級生だ。しっかりしていて、あまりめそめそするような子ではない。)

「ううん、お迎えに来たけど、いつも5時やねん。お母さん早く迎えにきてほしいって、いつも泣いてるねん。」

「わーそうなんや・・・。寂しいんやねえ。で、あんたは何してたん?」

「Sちゃんが泣くから、一緒にいててん。カンチが帰ったら(当時はカンチは自分のことを名前で呼んでいまスた)Sちゃん寂しいしかわいそうやん。でも先生が、カンチ君もお母さんが心配するから早く帰りなさいって。」

「そうやったん。でも、他のY君やM君は?」

「先帰った。」

「なんであんたは一緒に帰れへんかったん?」

「だってカンチが帰ったら、Sちゃん一人になるんやもん。」






やさしいなあ。


なんてやさしいんだろう。


なんて、やさしい子なんだろう。




このまま、純粋なまま、大きくなってほしい。







親ばかなことを想って、少し涙が出た、あの日でした。

いっぱい、ぎゅっと抱きしめたのを覚えています。






Sちゃんとは、あれから何度か同じクラスになりました。

そして、中学3年生になった今年、また同じクラスになっていました。







私は小学校の前を通って仕事に行きます。

ランドセルのほうが大きいような、小さな新1年生たちが行きかいます。

そんな姿を見ていると、ちょっと、8年前を思い出しました。

小さなカンチの思い出です。



さて。

彼は今も覚えているのでしょうか・・・・・(笑)





葉桜も、もうすぐ終わるなあ。







今年は、中学生活最後の年。


部活だって、あと3ヶ月ほど。


試験ばっかりの1年。








兄さん、がんばってや。





テーマ : 中学生のママ - ジャンル : 育児

| 育自エッセイ | コメント(0) | |

2007.10.06 22:14


さてさて。
近況報告。
それも愚息の。



9月の終わりに、カンチの通う中学校でも運動会がありました。
予行演習では、軽い熱中症になって体調を崩してしまったカンチですが、当日は彼の体調もすこぶる順調。
私も仕事の休みを入れて観に行きました。

中学生ともなれば、小学校と違い団体競技は少なく、ほぼ全てが個人種目。
子供達は好きな種目を選び、当日に向かって体育の授業は練習をするようです。
先日の日記に書いたように、特に2年生になってから部活もイキイキとするようになってきたので、運動会でカンチが何に出るのか私はすごく楽しみでした。
生徒用のプログラムには、カンチの名前は200メートル走に載っていたので、私はソレ1種目だけに出るものだと思っていました。
だって、何にも言わないんだもん。


運動会の朝、カバンに何やら詰めるカンチ。
それはバスケのユニフォームでした。
クラブ対抗リレーと言う種目があるのですが、まずリレーなんちゅう花形種目には皆目縁がなかったカンチだったので(小学校4年生頃からリレーに出たい出たいとは言っていたけど、もっと速い子がたくさんいるもの)まあ、多分応援ぐらいに着るのであろうと思っていました。



運動会が始まりました。

行進や全校生徒によるラジオ体操が終わり、運動場の中央では走り高跳びなどの種目が。
トラックの端っこの方では、100メートル走やハードルが。
みんなとっても頑張っていました。
男子なんかトレパンをずらして、トランクス丸見え。
あんなんで、足が思いっきり上がるのだろうか。


そしていよいよ200メートル走。
カンチは、実は他の男子のようにトレパンをずらして穿かず、ワンナイに出ていた轟さんのようにキュイーーーーンと上げて履くのですが、何か友達に言われたようでww
ちょっとだけずらしており、ニヤニヤしながらスタート地点に立ってましたわ(笑)



パン!とピストル、そしてだーーーーーーっしゅ

そして1ちゃ~~~~~く

中々サマになっていました。
まあまあ速いじゃないの。

やれやれ。





長々と他の演技や種目を観、午後、いよいよクラブ対抗リレーが。
本部席の前まで各々の部活のユニフォームを着た生徒達が入場門から飛び出してきたと思ったら、あれまあ。
カンチではありませんか。
2年代表で出るのね。
だからユニフォームをカバンに詰めていたのか。

1年生の第2走者からバトンをもらい、第3走者として走る走る(爆)
なんとか1着の座を守り抜いてくれましたww


そして運動会も終了に差しかかった最後の種目、運動会の花形、学年別クラス対抗リレー。
そんなものに出るともちっとも思わなかったので、油断してたら、スタート地点にカンチの姿が!!!!!!!
(いや、私が気づいたのではなく、友達が気づいてくれたのだ・・・
だってこれも出るって一言も言わないんだもん!!!!!



第1走者だったので、あわててカメラを構えましたわ。


残念ながらクラスは最終的には1位にはならなかったのですが、この日の運動会は3種目も走りに出ると言う活躍を成し遂げてくれました。



なんだかすご~~~~く成長した子供の姿を見たって感じ。
クラブ対抗リレーなんか、1年生の子から「カンチ先輩がんばれー!」なんちゅう声をかけてもらっていたのですよ。
あのカンチが。
いつもびーびー泣いて、私の足にまとわりついていたカンチが(爆)

子どもの活躍を客観的に見れるって、なんだかうれしい。
素直に大きく成長してくれたことに感謝、感激。







そう思っていたら、つい先日こんなこともありました。

ぽそっと。

「オレ、クラブ辞めるかもしれへん。」

「????なんでなん?」

「先生にやる気がないんやったら辞めれって怒鳴られた」

「。。。。。。。。。。(それだけで)。。。。。」



しかし、カンチの表情は固く(しかも泪目で!!!!)ついこないだも先生と部員のみんなで話し合いが行われ、カンチだけが非を認めなかった(と言うか、オレは正しい事をしたから先生に謝らなかったとかなんとか・・・と友達に話していたと言う情報が!)らしいのです。
何の話し合いか何が原因か、いろんなことも入り混じっているのでしょうが、まあたぶんクラブをだらだらしている態度のことを先生が注意したのかもしれませんが、思春期の子はこんなことで悩むのだろうかと言うぐらい真剣でした。
だって、次の日もっと暗い表情で学校に行くのを嫌がったもの。


そして机の上には、「こども悩み110番」のカードが!!!!!
(実は子どもからの虐待ホットラインなのですが。。。)
思い詰めて電話しようと思っていたのかしら。
(あんなことで)
フリーダイヤルだけど、もしも電話代がかかるのでは(と思い)鬼のようなお母さんに怒られると思って中々かけれなかったのかしら。
いや、これは土日専用ダイヤルだ。
土曜日になったら彼はかけるのか。



そんなことをやきもきしながら様子を伺い、また諭しもし。

2日も経つとケロリと朝錬に出かけていきました。
なんだかわからないですがねえ。



まあ、また元気でのんきなカンチに戻りましたわ。

二度目のやれやれ。






実はね。

私は妊娠しているとき、お腹の子が男の子だとわかってから、ずっと好きだった言葉があります。



まあ。

今、やっと使い始めれそうかなあと。









Boys be ambitious!






もっともっと羽ばたいてちょうだいな。







テーマ : 中学生のママ - ジャンル : 育児

| 育自エッセイ | コメント(2) | |

2007.09.17 15:30

さて。

カンチも中2になり、ますます忙しく楽しく学校生活を送っています。
1年生のときはそうでもなかった部活が、いまや彼の生活の大部分を占めていると言っても過言ではないでしょう。
まさしくバスケバカ

練習を重ねて上手になってくるのが楽しいんでしょう。
毎日毎日遅くまで部活をやって帰ってきます。

私はカンチの練習をあまり見たことはありませんでした。
1年生のときは、1学期の「クラブ懇談会」と言うのに参加して以来見たことがなかったのです。
あのときは、さすがに下手でした・・・。
バスケを始めて1ヶ月足らずだものね。
ボールもしっかり受けれない、ドリブルは高い、スピードはない、もちろんシュートなんて決めれません。
それでもまあ楽しくやれたら良いでしょう。
実際ヘラヘラ笑って走ってるし。
そんな感じ。

それが、2年生になると変わるんですねえ。
夏休みに入り、3年生が引退すると、自分達が後輩を引っ張って行かねばならないんだもの。
夏休みは部活三昧。
来る日も来る日も部活。
(塾の夏季講習もほとんど行っていたので、大変だったと思ふ・・・)
熱中症が年々増える夏、体育館で行うバスケも例外ではありません。
電解質が壊れない程度に、私は毎日毎日お茶を沸かしていました。

その甲斐あってか、夏休み明けの新人戦はスタメンで試合に出れたそうです。
残念ながら私は試合を観に行けなかったのだけどね。

そして今日、自分達の学校が会場で試合がありました。
新人戦の最終日。決勝戦。
当直入りなので、観に行けるかなあと心配していた矢先、カンチは何を思ったかお弁当を忘れて行ってしまいました。
これはちょうど良い!!
とばかりに、お昼前にお弁当を持って観に行きました。



試合会場である学校は、大変にぎわっていました。
お母さん達もたくさん観に来ていました。


体育館に入ると、別の中学校の試合。
コートが2つに分かれ、男子と女子で試合が同時に行われていました。






しかし、さすが男子・・・。






かっちょええ・・・。





スピードとかドリブルの力強さとか、ジャンプの高さとか、もう女子とは比べ物にならないんですねえ。
女子ももちろん迫力はあるんだけど、やっぱり力強さはもうかなわないんですね。
小学生と違って。
身長も高いし、何せバスケはランニングシャツのような格好のユニフォームなので、上腕二頭筋が隆々と現れているのですよ、こないだまではぶかぶかの学ランを着ていた子たちなのに!!!



体育館は音や振動がすごく響くので、総勢10人があの重いバスケットボールを奪い合うのですから、そりゃすごい効果音。
ダダダと言うドリブルの音と走る音。
パスの音。
ゴールからこぼれるボールをジャンプして奪い合う音。
これでもかというほど、彼らは思いっきりジャンプして手を伸ばし、オレンジ色のボールを追います。

スピードも出てるもんだから、パスのためや立ち止まるたんびに、キュッキュキュッとシューズと体育館の床が摩擦する音が響きます。
ああ、だからいつも足が痛い痛いと言ってたのね。
足が豆だらけなのはこのためか。
足首も痛めてたのは、このためか。
あれは足にはすごい衝撃だろうから。
そりゃ毎日毎日キョーレツな臭いを放つ靴下になってくるはずだわ。

ちょうど時間も良かったのか、すぐに次の試合、カンチの学校の試合が始まりました。
試合の前の5分ほどの練習を観ていたら、1年生の1学期とは比べ物にならないほど成長しているカンチがいました。
練習だから流しの程度だけど、シュート、さまになってるじゃん。

そしていよいよ試合。
カンチはベンチで待機のようでした。
ユニフォームに着替えてこそいましたが、どうやら今日は出番はなかったようです。
ちと残念(笑)
練習とは違う、真剣に走り回るわが子を見たかったのですがね。


しかし、本当に同じ中学2年生なのだろうかというぐらい、大きい子も他校にはたくさんいました。
びっくり。



みんながんばれ。


同じ時期に産まれた子たち。


同じ時期にお腹にいた子たち。


青春バンザイ。


テーマ : 中学生のママ - ジャンル : 育児

| 育自エッセイ | コメント(2) | |

2006.06.11 14:29

最近カンチの身体に異変が起こっている。
まず、身長。
中学に上がる頃は、まだまだ小さいと思っていたのに、この2ヶ月ほどで伸び伸びる。
とうとう私と5センチしか変わらなくなってしまった。
背が伸びたなあとなんとなく思っていたのだが、まさかここまでとは。
そういえば、また最近膝だの足首だの脛だの、痛い痛いと言っていたし。
朝が一番痛いのだそうだ。
中学の夏服のズボンも、冬服より一回り大きい物にしたのに、ぴったりなのだ。
私の身長を追い越すのも、時間の問題だ。
くそっ。


次に声。
去年からすでに変声期を迎えており、この春には時々裏返ったり変な声に変化していたのもつかの間、やっと安定したみたいで。
裏返ることもなく、しっかりした声になってきました。
うへえ。


そしてにきび。
青春のにきび。
あまり出てない方だとは思うのだが、痕が残ってはかわいそうなので(私は中学時代はにきびに困っていました。今もときどき大人にきびが出るときがあります。そんな思いもあるのかも。)、私が愛用しているココの化粧水を一緒に使い、にきびのお薬でケアしている。
お風呂上りのつかの間の親子の会話。
うふふ。


そして。
極めつけは鼻血。
そう、鼻血です。
新陳代謝が活発になり、全身の細胞の入れ替わりが激しいのでしょう、きっと。
鼻の中はすごく細かな血管なので、破れやすいから鼻血と言う現象は起こるんだけど、別に刺激物を食べたわけでもないし、眉間に何かがぶつかったわけでもない。
何もしないのに、たら~っと出てくるのだ。
こないだなんか学校で3回も続けて出たらしい。
私が仕事から帰ってくると、水で湿った制服が干してあり、汚れたん?と聞くと、鼻血と答えた。
自分でせっせと洗っていたそうだ。

あまりにも鼻血が出るので、少々怖がっていたカンチ。
そこらへんは、やっぱりまだ12歳の子どもだ。
とにかくたらたらと出、中々止まらないので、怖かったらしい。
若いと鼻血の勢いもすごいのだなと、医療従事者ならではの親とは思えぬ感想を持ったあと、手当ての仕方や何で鼻血が出るのかを教える。
バスケをしっかりして、毎日走り回り、エネルギーを発散させなさいとも。

青春だからとあまり軽く考えていてはいけないのかもしれないけど。
鼻血が一つの症状の、重い病気だってあるからなあ。
頭痛の検査だって、まだ行ってないし^^;
でもまあ、カンチより大きい子どもを持つ同僚にも聞いた所、やはり同じような経験があるとのことで、ちょっと安堵。

よく少年漫画で、憧れの女の子のスカートが風で捲くれ上がり、かわい下着がちらっと見えた途端、それを見ていた男の子が鼻からぶーっと出すやつ。
あのシーン。
あながち、あれも大げさに描いているのではないんだなと思った。

私を追い抜かそうとするくらいの背丈で、しかも声もしっかり安定した大人の声のくせに、「かあちゃんまた鼻血出た。何時に帰ってくるん?」と話す電話の声を聞いていると、とってもギャップがあるし。
もちろん、早く帰ってやりました(笑)

そんなカンチも、なぜだか手だけは小さく、私もさほど大きくない手なのだが、私の方がまだ大きい。
手の大きさを比べるのに、久し振りにカンチの手を触り、手のひら同士で重ねて比べっこをした。
手だけは、まだまだ子どもの手。
全然ごつごつしてないし、やわらかい。
もう、これからこの手にも触れなくなるのかなと思うと、やっぱり寂しい。
子どもが大きくなるって、楽しみではあるんだけどなあ。
男の子が大きくなるって、ほんとつまらないや。

テーマ : 中学生のママ - ジャンル : 育児

| 育自エッセイ | コメント(7) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。