--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2005.06.28 14:57

玉のような赤ちゃんが続々生まれる。
先日も予定日を過ぎて、まだかまだかと待ち望んでいた方が、お産になった。
本当に玉のような赤ちゃん。
赤ちゃんが生まれたときの、お父さんの涙を見て、私達も思わずもらい泣きした。
涙と汗が目に沁みて、うまく胎盤が出せないじゃん(笑)
本当におめでとう。

7月予定の人達が前倒しに生まれており、6月は中々好調だ。
7月の忙しさは、案外乗り切れるかも。

日勤からその方の入院があり、準夜遅くに生まれそうだったので、近所の友人に電話。
カンチの夕食をお願いし、夜はカンチと同級生のムスコが泊まりに来てくれた。
子供2人きりで、夜更かししながら寝たらしい。
いつもいつも助かります。

私もこうやってこの世に生まれてきて、そしていろんな人に支えてもらいながら、生きてる。
妊婦さんや赤ちゃんからも元気をもらってるし、友人や同僚や、実家もそうである。
感謝しています。
いろんな事があるけど、進んでいかないと。
がんばろう。
スポンサーサイト

テーマ : 妊娠あれこれ - ジャンル : 育児

| お仕事のひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2005.06.24 23:47

給料日。
仕事も夜間のみ待機なので、昼間は銀行やら郵便局やらスーパーやら走り回った。
今日行ったスーパーでは、1.5リットルのサラダ油が198円だった。
私は一昨日、同じサラダ油を、別のスーパーで398円で購入していた。
(それでも特価だと掲載していたのに!)
それも、まだ使っていない。
ストック品だ。

あーあ。
今日まで待てば良かった。
たった200円が、とても悔しい。
悔しさも混じって、帰り道がすごく暑かった。

<今日の夕食>
・まぐろの焼肉風ソテー
・いんげん豆のバターソテー
・おくらのポン酢和え(かつおぶし)
・カリフラワー

昨夜、まぐろを1匹丸ごと食べる伝説のテレビ番組を観ていたら、まぐろのお造りがどうしても食べたくなって。
閉店間際のスーパーに駆け込み、半額のまぐろのお造りを購入。
さあ、食べよう♪と袋から出したら「加熱用」と書いてあった・・・。
そんなの、お造りコーナーに並べるなよ・・・。
がっくし。
それを、今日焼きました。

| ひとりごと | コメント(4) | トラックバック(0) | |

2005.06.24 01:30

今日も看護学校の日。
帰りに、同僚とスイーツを食べに行く約束をし、車で迎えにきてもらった。
しかしスイーツを食べるつもりが、空腹に負け、ペスカトーレを注文してしまった。
大変おいしかったです。

帰りにカンチの分も、ケーキを買って帰る。
いちごのケーキと、フルーツのケーキ、モンブラン、チーズケーキ。
このお店のケーキは久し振りだ。

<夕食>
・私は済ませてしまったので、カンチにはちゃっちゃっと野菜炒めなり。
・デザートにケーキ
(カンチはいちごのショートが大好き。私はモンブランを食べた。残りは明日♪)

ものすごく嫌いになってしまった人がいる。
人を信頼できなくなったら、どうしたらいいんだろう。
医療を勧めたいときは、どうしたらいいんだろう。
本職なのに、わかんない。

| ひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2005.06.23 02:05

今日は看護学校の講師のバイトの日。
Tシャツにジーンズでは、あまりにもなんだかなあと、ちょっとお出かけ用の着て行く服に困り、クローゼットをあさること5分。
7~8年前にイマー○ュの通販で買った、麻の素材の黒のパンツスーツが目に止まり、着て行くことにした。
流行に左右されないデザインのため、着やすいかなあと思って購入したものだ。
パンツはぴちぴちであったが、ストレッチのためなんとかファスナーが締まり、合格。
上着もホックで留めなければ(留めると横皺ができ、はちきれそうである)、合格。
上着は少し丈が長めで、お尻がすっぽり隠れるため、これまた合格。

学校も終わり、用事で職場に寄ると、同僚が褒めてくれた。
細く見えるんだって。
そしてちょこっとセレブにも見えるらしい。
今年、この服ちょっと着こなそうかなあww

<今日の夕食>
・さんま
・里芋とこんにゃくと鶏肉の煮物
・千切りサラダ(レタス、きゅうり、大根、人参、レタス、ハム)
・えのきとにらの炒め物

お気に入りのポン酢がきれており、サラダに何をかけようかと、シンク下を探してたら、生協で買った「キャベツのうまだれ」を発見。
「焼肉屋さんで出してるあの味」と言うキャッチコピーに惹かれて購入したのだが、サラダにも使えるので使ってみた。
あまりすっぱくなく、とてもおいしかった。

しなびたニラとえのきが残っており(色とりどりではなかったが)、味噌汁にするには暑いので、さっと炒めました。
暑くなると味噌汁も作らなくなるなあ。

テーマ : 30代のライフスタイル - ジャンル : ライフ

| ひとりごと | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2005.06.21 01:32

しばらくカンチのことを書いていないので、書いてみる。

先日カンチの通っている算数教室の懇談があった。
日が暮れるのが遅くなってから、外で遊ぶことも多くなり、16時半開始の授業によく遅れて行っている。
まあ、6年生になって、宿題をまじめにしたり、自覚は出てきたものの、勉強の理解度はどうだろうか、疑問であった。
そしたら。
塾の講師は、すごく褒めてくださったのである。
プリントもすらすら解くし、学校の授業を良く聞いていると言うことが良くわかるとおっしゃるではないか。
塾のテストも点数が良く、こちらがびっくりします、とのこと。
(実際見せてもらったら、満点ばかりだ)
遅刻さえ気をつけれてください(実はコレが一番重要)、遊びが大事なら授業を1時間ずらして開始しましょうか、帰ったらカンチ君を褒めてやってください、などありがたいお言葉を頂戴し、懇談からの帰りの足取りが大変軽やかだった。
(カンチはすごい通知表しか持って帰ってきた事がないし、学校でも友達関係などで褒められることはあっても、勉強で褒められたことは今でかつてなかったのである)

その夜。
実家と焼肉を食べに行く予定にしていたので、仕事の帰りについでに弟が迎えにきてくれた。
先に妹夫婦と姪っ子と両親が食べており、隣の席に、弟と私とカンチが座った。
子供連れで焼き肉を食べに行くと、自分のペースでお肉は焼くことはできず、とりあえず片っ端から焼いて、焼きあがったお肉をお皿に置いて、お腹の空かした子供に一番に与えなければならない。
6年生と言えども、まだまだ子供扱いをしてしまっているので、私は焼けたお肉を、カンチのお皿に次々と乗っけていく。
お皿が空になり、お肉が焼けるのを待っていると、カンチがおもむろに網の上にお箸を伸ばし、焼けたお肉をつまみ、私のお皿へ入れてくれた。
「母ちゃんも食べや」

その光景、私しか知らないのだけれど(弟はそんなこと目もくれず、ユッケをがっついていたので)、カンチがすごく優しい子に見えて仕方なかった。
つい数時間前の塾の懇談と相重なって、なんだかすごくうれしかったのだ。
良い子に育ってくれたなあ~と感極まり、それからのお肉がおいしくておいしくて、ばくばく食った。

母として、ちょっと(いっぱい?)うれしかった1日でした。
この日ばかりは、10年、シングルで育ててきた自分を褒めてやりました。
うはは。

テーマ : シングルマザー - ジャンル : 育児

| 育自エッセイ | コメント(6) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。