--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2005.07.28 00:58

台風一過で、まぶしいほどの青空。
でも、空気はわりとカラッとしていたみたいで。
長袖着て、自転車をこいだけど、さほど暑くなかった。

今日も勤務日ではなかったのだが、入院さんで忙しいので、出勤である。
午後からの予定だったので、途中、駅前のデパートのケーキ屋さんで、桃のジュレを買う(以前食べたとき、すごくおいしかったのだ)
靴屋ではセールをやっており、欲しかったミュールを2足、これまた買い。
大荷物で、職場へ向かった。

7月の分娩予定の方は全て産まれ、しばらくは産まれない様子。
入院さんも数人いて、にぎやかだけど、週末にはみんな退院するので、寂しくなるなあ。

<今日の夕食>
デ○ーズで、外食。
・とろけるチーズのオムライス
・ツナとたこのカッペリーニバジル風
・キャラメルパンケーキ

おこさま向けのデザートサービスのチケットを持っていたので、あんなに大きいのに、カンチは小さいサイズのオレンジジュースをもらい、一気に飲んでいた。

ブッ○オフで、カンチと古本をあさる。
飛び飛びだった「ブラックジャックによろしく」がとりあえず全巻そろった。
前は癌編で泣いてしまったが、今回はNICU編で泣いてしまった。
スポンサーサイト

テーマ : 30代のライフスタイル - ジャンル : ライフ

| ひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2005.07.27 01:14

7月最後の休み。
台風で雨になるだろうと思い、あえて新生児訪問のバイトを入れず、のんびりしようと思っていたが、お産も入院も外来も重なり、日勤が忙しくなるのでと、職場からのラブコール。
まだカンチの昼食を作ってなかったので、用意してから、職場へ向かう。
台風は直撃しなかったものの、途中、小雨がぱらぱら降ってきた。

業務はほどなくこなせ、夕方、お産になった。
赤ちゃんも丸々として、元気なピンク色。
長い陣痛の末、産まれたばかりの羊水でびちゃびちゃの赤ちゃんを、素肌に抱いたお母さんは、そのきれいな顔立ちのせいか、すごく美しかった。
涙ぐんだ瞳で、こちらを見上げられたら、またもやうるうる来てしまった。

「立ち会ってくださった記念に」と、この方に限らず、みんな、スタッフの写真を撮ってくれる。
お産が終わったあとは、こちらも汗まみれでお化粧も取れまくり、髪の毛乱れまくりなので、こんなときは、あまり記念にされておきたくない画像だなあと、ちょっぴり思う。
でも、ま。
お母さんがきれいに写ればいいのだ。
しかし、本当に美しかったなあ。
同じ女性に、感動しちゃった。

<今日の夕食>
・ピーマンと牛肉の甘辛煮(しめじ)
・さんまの開き
・ちくわのきゅうり詰
・トマト

いいお産に立ち会えた今日、スペースシャトルが打ち上げられた。
野口さんが産まれたとき、彼を取り上げた助産師は、この赤ちゃんが将来宇宙に行くだなんて、思ってもいなかっただろう。
今日、世界中で産まれた新しい命は、どれくらいあるのだろう。
この中から、未来の宇宙飛行士も、誕生するかもしれない。
こんな風に考えていると、いろいろあっても、やっぱりこの仕事、やめられないなあと思った。
がんばろうっと。

テーマ : 子育てのつぶやき - ジャンル : 育児

| お仕事のひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2005.07.22 02:02

休みを満喫するはずであったが、パートのスタッフが体調を崩し、代替で日勤へ。
パートの出勤日は、健診などの予定を入れてないので、入院さんの看護だけでのんびり仕事できた。

本当は、アウトレットやバーゲンのはしごをする予定だったが、まあ、お金を使う分、休日出勤で稼いだと思えば、またショッピングに行く楽しみも増えるか(笑)
夜勤さんと申し送りの最中、ショッピングから帰ってきた同僚が、プリンの差し入れをしに職場へ来てくれた。
やっぱりプリン専門店の、とろけるプリンはおいしいなあww

<最近食べた夕食たち>
・・・・何を料理したか忘れてしまったので、覚えてるものもろもろ。
・サバの味噌煮
・しめさば(これは、母親手製)
・インゲンの胡麻和え
・惣菜のローストチキンの残りでチキンサラダ(生野菜と。胡麻ドレッシングが合うのだ)
・チャーハン(簡単にミックスベジタブルで)
・生協の揚げるだけの串カツ
・海鮮丼(まぐろ、はまち、いくら、のり、きゅうり、薄焼き卵)
・にらたま
・ねぎ入り出し巻き玉子焼き
・オムレツ(しめじ、玉ねぎ、ハム)
・ベーコンレタスサンド
・冷しゃぶサラダ(豚肉、生野菜)
・しめじとわかめの酢の物
・きゅうりとかにかまの酢の物
・すいか
・パイナップル
・デラウェア

身体を洗う石鹸を変えてから、カンチのアトピーが痒くなくなったらしく、掻かなくなった。
掻かなくなると、アトピーも劇的に治癒してくる。

別の次元の問題が、悪化。
というか、毎度のことだけど。
もう、そういうものなのだと受け入れられたら、随分楽になった。
わりと情が深い性格なのだが、冷めて行けば、早い早い。
腹も立たなくなる。

| ひとりごと | コメント(6) | トラックバック(0) | |

2005.07.20 00:40

昨日は、夜勤明け。
珍しく平穏な夜勤を終え、11時には帰宅できた。
少し仮眠を取ってから、中学時代の友人と、久し振りに会う約束をしていたので、夕食を食べに行く。
この前会ったのは、去年だったのかなあ。
夕方からカンチと一緒に出かけ、カンチを実家へ届けてから、また電車に乗った。

関東がメインのイタリアンのお店で、パスタが最高に美味しかった。
地元のフリーペーパーのチケットでリーズナブルに食べられたし、お酒もおいしかったww
私達が食べたのは、ベーコンと揚げ茄子の和風スープスパゲティと、甘エビと生ウニとイクラの冷製スパゲティだ。
ハーブの使い方が上手だ。
また行こうっと。

今日は今日で、たまった洗濯をして、ウトウト昼寝して、カンチが短縮授業で帰ってきてから、同僚と少し遠出してフランスの某スーパーマーケットに(今赤字の^^;)買い物に行く。
夕方と言うのに、まじでお客さんが少なかった。
閉店間近まで、コーヒー飲んで、雑貨見て、うろうろしていた。
パンがおいしいと評判なので、カンチの好きな丸い大きな固いバゲットと、ハーフサイズのローストチキンと、その他もろもろの食材を購入。
輸入食材が充実していた。
チーズも美味しそうだったけど、ちょっと高かったので、また今度^^;

この同僚とは、休みが合えば、いろんな大型スーパーマーケットにちょくちょく買出しに行く。
いつも行くスーパーとは、たまには違う大型スーパーに行くと、置いてある食材のメーカーも違うし、お惣菜も充実してるし、中々楽しいものである。

お金を使うのって、楽しいなあ(笑)
しかし、おしゃれや着るものより、食べるものにお金を使うほうが、多いような気がする。
またがんばって働こうっと。

今月に入って、あまり休みが取れなかったため、今週はお産がなければずーっと休みだ。
何も予定がなかったのだが、みんなから次々とお誘いが来る。
欲しい物は今の所、ミュールしかないので、目的さえ達成できればぶらぶらウインドウショッピングの予定。
その代わり来週は忙しいなあ。

| ひとりごと | コメント(2) | トラックバック(1) | |

2005.07.13 00:22

一晩寝たら、少しもやもやが晴れた気がした。
大体2~3ヶ月に一度くらい、心のもやもやが発生する。
原因がわかっている場合はいいけど、大した理由もなく、「なんだかいやだなあ」と言う気持になる。
仕事を辞めたくもなる。
今の職場に変わってからだ。
以前の職場では、のんきな仕事をしていたし。
それなりに忙しかったし、勉強にもなったけど、命を直接扱わない職場では、毎日が淡々と過ぎて行ってた。

人間関係だけじゃない、何かがある。
責任の重さとか、自分の器の限界とか。
限界をまだ見極められずにいるから、無理するのかもしれない。
自分の性格も災いする。

ときどき職場で、助産師学校のすさまじい思い出話に花が咲く。
出身学校や年代はバラバラだけれど、教育の内容は同じだから、みんな苦労している。
あんな学校、よく卒業したものだと、口々に出るし、人生の中で最も戻りたくない時間である。
助産師学校では、随分自分の人格を否定もされたし、非難もされたし、しかしまた、認められたりもした。
自分の性格を、嫌と言うほど、目の前に客観的に叩きつけられた。
それなりに20数年生きてきたプライドもズタズタだった。
それは、今思えば、「他人の人生に踏み込む仕事」をしていかねばならない私達への、ひとつの鍛錬だったのかもしれない。

そんな話を、先日母親にしていたら、母親が言った。
「それがあったから、みんなも今の自分があるのだ。誰のためでもない、誰かに頼まれたからでもない、自分のために頑張ったんだから。」

確かにそうだ。
わかっている。
よく、頑張ったよなあと、本当に思う。
でも、あえてそれを母親から言われたことで、なんだかすごく褒められた気持になった。

そのときは、今みたいなもやもやモードな精神状態ではなかったので、照れくさかったけど、今思い出してみると、うれしい言葉である。
褒められたいんだなあ、わたし。
良く頑張ってるね、って誰かに褒められたいんだ。
しんどいときは、誰かに褒めてもらいたいんだ。

忙しければ、考えるひまもなく、身体が動いて仕事をこなしてしまう。
そういう時はまだいいのだけど。
他人の人生に踏み込む仕事の、重圧。
でも、この仕事を選んだんだもんなあ。
結局、この仕事しかないんだもんなあ。

無事お産が済み、お母さんになったばかりの女性と、生まれたばかりの羊水でびちゃびちゃの赤ちゃんに寄り添うことで、人間が生きて行く上でのエネルギーをもらえるんだろうなあ。

| お仕事のひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。