--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2005.08.31 23:56

締め切り間近の別の仕事があり、昨夜はせっせとワードに向かっておりました。
明け方までかかったのだが、結局トータル2時間くらいで、仕上げれたかな?
それならそれで、こんな締め切りぎりぎりまで放置せずに、さっさとすれば良いものを。
毎回思うのよね・・・。
記憶が学習機能を果たせてないや。
夏休みの宿題や試験勉強のように、子どもの頃から治ってない。
私がもし、作家や漫画家だったら、いつも編集者泣かせの人間になるのであろう。

午後からの会議も無事済み、8時半頃帰ってきました。
適当にさっさとご飯を作り、カンチと食べました。
やっぱりキッチンに立つ意欲が湧いてくるな~~~~(笑)

<本日の夕食>
・豆腐と卵のふわふわ丼
(豆腐、ワカメ、かにかま、玉ねぎ、青ねぎ、卵)
・ハムサラダ
(レタス、ハム)

明日明後日も休みだ。
晴れたら洗濯しなくちゃ。
カンチも学校開始です!
スポンサーサイト

| ひとりごと | コメント(5) | トラックバック(0) | |

2005.08.30 22:03

雨の中、電車に乗って行って来ました。
結局、いつも行くシネ・コンには、もうすでに「鋼の錬金術師」は上映してなかったわけで。
スターウォーズも観たかったのだが、カンチの要望に負けてしまい、「金色のガッシュベル」を観ることに。
でも、これ、結構好きなのだ。
テレビでもやっているが、実は私は、あのアヒルみたいな口のキャラクター、キャンチョメのファンである。
おとぼけでちょっと弱虫な彼の性格は、ビジュアル的な物もふまえて、母性本能をくすぐらせる。
キャンチョメのパートナーのホルゴレも、中々良い味を出しているし。

映画が終わったあと、ショッピングモールをうろうろして、その後、オムライス専門店で夕食を済ませて帰りました。
映画を観に行くときは、いつもこのコース。
カンチはいつも、同じメニューのオムライス。
私はカロリー低めの、きのことほうれん草を使った創作オムライスを頼んだのだが、運び込まれてきたのは、きのことツナのマヨネーズオムライスだったのだ。
カロリーが倍以上高いのではないか。

お店の人に声をかけようと思ったのだが、値段も同じだったし、せっかくもう作ってしまったし、まあいいかと納得して食べることに。
・・・・・。
やっぱりカロリーの高い物は、おいしいなあ・・・・・・。
うう・・・・・・・・。

映画のチケットの半券で、ソフトドリンクを注文できたので、これまたいつも行くスターバックスには寄らずに帰ってきました。
でも、やっぱりスタバのがおいしいよなあ。
コーヒー大好きなもので。

| ひとりごと | コメント(5) | トラックバック(0) | |

2005.08.29 22:35

カンチがやっと帰ってきた。
洗濯物こそないが、自宅から出かけるときの、3倍以上の荷物を持って帰ってきた。
まあ、宿題は仕上げてるな。
夏休みの工作の、紙粘土で作った「なにかの物体」は、なんか腕みたいなん?が、取れてるけど。

そしてカンチは、帰ってきて開口一番「くうちゃんが、泣くねん」とぽつり。
くうちゃんとは、私の姪っ子、カンチの従妹である。
2歳8ヶ月になるくうちゃんは、おしゃべりが上手で、かなりのおしゃまさんである。
そして、何よりカンチが大好き。

妹が昨日から「明日には、カンチが帰るから」と、くうちゃんに言ってきかせていると、泣き出したのだと言う。
妹もびっくりしたらしい。

「カンチ、帰らないのーーーーーー!
カンチ、学校行かないのーーーーー!
もっとくうちゃんと遊ぶのーーーーー!
お布団くうちゃんにかけてくれるのーーーー!」
と、しくしく、めそめそ、ときに敷いてある布団を両手で叩いて泣いていたそうだ。
そして、今日のお別れも大泣きしたと言う。

妹の電話で詳細がわかったが、それにしても、帰宅して開口一番がそれか、と。

にやり。

案外、カンチも寂しいような、うれしいような気持になったんじゃないの?
カンチも、「目が痛い~」とか言って、涙をこらえてたんじゃないの?
(カンチが2歳くらいの頃、かわいそうなテレビを観たりしたときに、いつも、目が痛い、目からなんか出てくる、と泣いていた)

電話でも、くうちゃんとしゃべっていたカンチ。
また泊まりにおいでね、くうちゃん。

それにしても。
やっぱり、子どもが帰ってくると、しゃきっとするわけで(爆)
やっとお母さんモードに戻りました。
子どもがいて、初めて親に変身できるのだ(笑)
カンチもうれしそうに、夏休みの出来事を話してくれる。
そして、持って帰って来た物の、整理を始めている。

ほっ。

明日は映画に行って来ます。
鋼の錬金術師?を観に行きたいそうである。

| ひとりごと | コメント(3) | トラックバック(0) | |

2005.08.29 19:47

1日休みがあったあと、夜勤に入る。
休みの日は、久し振りに友達が遊びに来て、これまた久し振りにキッチンに立ち、料理をしたわけで。
冷蔵庫の中身が潤いました(笑)

連日のお産で、職場はにぎわっている。
この日も前日産まれた赤ちゃんを預かったのだが、泣き声がとても大きく、すごく元気いっぱい。
まだお母さんのおっぱいが満足するほど出ないので、身体の大きいこの赤ちゃんは、ミルクをすごく欲しがって。
飲んでも飲んでも、すぐに自分の手を吸い始める。
飲んだら、出す、と言うサイクルを繰り返すので、お腹が満たされてない、と言うよりも、ミルクを飲むことで消化管の蠕動運動が起こり、それが痛みとして感じるようだ。
また、痛みは感じなくても、腸がぐるぐる動くのが不快なのかもしれない。
新生児は、こういう理由でよく泣くことがある。
そばにいると、赤ちゃんのお腹がぐるるるるる~~と鳴っているのがよくわかる。

よしよしと抱っこするのだが、一時しか泣きやんでくれないので、仮眠室の布団で一緒に添い寝する。
安心するのか、朝型からはぐっすりと眠ってくれた。

今月のお産も終わりかなーと思っていたら、うつらうつらした途端、入院の電話。
日勤さんとともに、入院をお迎えしたが、あれよあれよと言う間にお産になりました。
今月最後に産まれた赤ちゃんは、産まれた瞬間からピンクで、まるまるぷくぷくした赤ちゃん。
大きな胎盤に、太い臍帯、ほどよい強さの卵膜、きれいな羊水。
お母さんのお腹の中での環境は、すごく良かったみたいだ。

私は自分が介助したお産については、必ずお母さんに胎盤を見せる。
自分とパートナーの細胞から生まれるのは、赤ちゃんだけではない。
胎盤こそ、赤ちゃんを健康に保ってくれる、大切なものだ。
お産が済めば、役目は終わって娩出されるものだが、最後まで大切に扱いたいと言う気持がある。
医療従事者なのに、科学的でないと思うかもしれないが、やっぱり神秘的なものなのだ。
そんな想いを伝えながら、お母さんにいつも説明する。
このときしか、自分の身体から作られない臓器。
感謝の気持を込めて。

そして元気な赤ちゃんは、はだかんぼのまま、すぐにお母さんのおっぱいを飲み始める。
お母さんを安産にしてくれて、ありがとうね。
これからいっぱい抱っこしてもらってね。

ほとんどオールで起きていたようなものなので、帰宅してからぐっすり寝ました。
カンチはもうすぐ帰ってくる。
実家で夕食も済ませてくるモヨウ。
私も何食べようかなあ。

テーマ : マタニティライフ - ジャンル : 育児

| お仕事のひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2005.08.26 15:13

雑用が多いなあ・・・。
本業の赤ちゃんの乳母係や、入院のお母さんのお世話やお産なんかで忙しいのは良いけど、雑用が多いとたまらない。
でもまあ、落ち着いた夜勤だったし、朝方の入院もなく、わりと早くに11時頃の帰宅。
こちらは台風のおかげか(被害がないので)風が涼しく、シャワーもそこそこ、布団に吸い込まれるように眠りに着いちゃった。

目が覚めたあとは、ゆっくりお風呂に入ってくつろいで、久し振りにスーパーへ。
桃の良い香りに誘われ、またまた桃と巨峰を買いました。
職場にはお菓子がたんまりあるけど、こういう自然の甘さって、やっぱり一番身体が欲しているような気がする。
お菓子やチョコレートを食べても、ほっとするけど、やっぱり果物なんだよねえ。

仕事が忙しくなるのを予測してカンチを送り出したけど、予測どおりの展開になった。
身体はつらかったけど、かなり仕事に専念できたかな。
いろんなお産に当たり、退院された方の思い出や手紙を読んでいると、ふと、カンチのことが書いてある自分の母子手帳を覗いてみたくなった。

・・・・・。

あーあ。
読まなきゃ良かった。
早く帰って来ないかなあ。
うーーーーむ。
まるで出張中の恋人を待つかのような、センチメンタルな気分である。
いかん、いかん(爆)

私が独り暮らしをすると、きっとひどい暮らしをするに違いない。
カンチがいても、家の中はひどい状況であるが、それはまだ言い訳できる。

しかし。

今は物が散らかっていても、それは全部私のものなのである。
リビングなんて、散々だ。
きれいに折り目のついた読んでない新聞は、廃品回収にも出せず(朝寝てるので・・・・)山のようになり、今にもなだれを起こしそう。
ダイニングのイスには、昨日着ていた服が投げ捨てたまんま。
キッチンは、広げて乾かした牛乳パックが散乱しているし、冷蔵庫は食べるものが詰まってない。

洗濯物は、ハンガーにかかったまんま、たたみもせずこのまま着て行く始末。
テレビやパソコンをつけっぱなしに寝るし(怖いのよ^^;)
私はお酒もほとんど飲まないし、タバコも吸わないので、缶ビールの空き缶や、タバコの吸殻などが散乱してないだけましであろうか。
それでも充分、ひどいおっさんの独り暮らしである。

ちょっと掃除しよーっと。

テーマ : 30代のライフスタイル - ジャンル : ライフ

| ひとりごと | コメント(11) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。