--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2007.09.17 15:30

さて。

カンチも中2になり、ますます忙しく楽しく学校生活を送っています。
1年生のときはそうでもなかった部活が、いまや彼の生活の大部分を占めていると言っても過言ではないでしょう。
まさしくバスケバカ

練習を重ねて上手になってくるのが楽しいんでしょう。
毎日毎日遅くまで部活をやって帰ってきます。

私はカンチの練習をあまり見たことはありませんでした。
1年生のときは、1学期の「クラブ懇談会」と言うのに参加して以来見たことがなかったのです。
あのときは、さすがに下手でした・・・。
バスケを始めて1ヶ月足らずだものね。
ボールもしっかり受けれない、ドリブルは高い、スピードはない、もちろんシュートなんて決めれません。
それでもまあ楽しくやれたら良いでしょう。
実際ヘラヘラ笑って走ってるし。
そんな感じ。

それが、2年生になると変わるんですねえ。
夏休みに入り、3年生が引退すると、自分達が後輩を引っ張って行かねばならないんだもの。
夏休みは部活三昧。
来る日も来る日も部活。
(塾の夏季講習もほとんど行っていたので、大変だったと思ふ・・・)
熱中症が年々増える夏、体育館で行うバスケも例外ではありません。
電解質が壊れない程度に、私は毎日毎日お茶を沸かしていました。

その甲斐あってか、夏休み明けの新人戦はスタメンで試合に出れたそうです。
残念ながら私は試合を観に行けなかったのだけどね。

そして今日、自分達の学校が会場で試合がありました。
新人戦の最終日。決勝戦。
当直入りなので、観に行けるかなあと心配していた矢先、カンチは何を思ったかお弁当を忘れて行ってしまいました。
これはちょうど良い!!
とばかりに、お昼前にお弁当を持って観に行きました。



試合会場である学校は、大変にぎわっていました。
お母さん達もたくさん観に来ていました。


体育館に入ると、別の中学校の試合。
コートが2つに分かれ、男子と女子で試合が同時に行われていました。






しかし、さすが男子・・・。






かっちょええ・・・。





スピードとかドリブルの力強さとか、ジャンプの高さとか、もう女子とは比べ物にならないんですねえ。
女子ももちろん迫力はあるんだけど、やっぱり力強さはもうかなわないんですね。
小学生と違って。
身長も高いし、何せバスケはランニングシャツのような格好のユニフォームなので、上腕二頭筋が隆々と現れているのですよ、こないだまではぶかぶかの学ランを着ていた子たちなのに!!!



体育館は音や振動がすごく響くので、総勢10人があの重いバスケットボールを奪い合うのですから、そりゃすごい効果音。
ダダダと言うドリブルの音と走る音。
パスの音。
ゴールからこぼれるボールをジャンプして奪い合う音。
これでもかというほど、彼らは思いっきりジャンプして手を伸ばし、オレンジ色のボールを追います。

スピードも出てるもんだから、パスのためや立ち止まるたんびに、キュッキュキュッとシューズと体育館の床が摩擦する音が響きます。
ああ、だからいつも足が痛い痛いと言ってたのね。
足が豆だらけなのはこのためか。
足首も痛めてたのは、このためか。
あれは足にはすごい衝撃だろうから。
そりゃ毎日毎日キョーレツな臭いを放つ靴下になってくるはずだわ。

ちょうど時間も良かったのか、すぐに次の試合、カンチの学校の試合が始まりました。
試合の前の5分ほどの練習を観ていたら、1年生の1学期とは比べ物にならないほど成長しているカンチがいました。
練習だから流しの程度だけど、シュート、さまになってるじゃん。

そしていよいよ試合。
カンチはベンチで待機のようでした。
ユニフォームに着替えてこそいましたが、どうやら今日は出番はなかったようです。
ちと残念(笑)
練習とは違う、真剣に走り回るわが子を見たかったのですがね。


しかし、本当に同じ中学2年生なのだろうかというぐらい、大きい子も他校にはたくさんいました。
びっくり。



みんながんばれ。


同じ時期に産まれた子たち。


同じ時期にお腹にいた子たち。


青春バンザイ。


スポンサーサイト

テーマ : 中学生のママ - ジャンル : 育児

| 育自エッセイ | コメント(2) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。