--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2007.10.06 22:14


さてさて。
近況報告。
それも愚息の。



9月の終わりに、カンチの通う中学校でも運動会がありました。
予行演習では、軽い熱中症になって体調を崩してしまったカンチですが、当日は彼の体調もすこぶる順調。
私も仕事の休みを入れて観に行きました。

中学生ともなれば、小学校と違い団体競技は少なく、ほぼ全てが個人種目。
子供達は好きな種目を選び、当日に向かって体育の授業は練習をするようです。
先日の日記に書いたように、特に2年生になってから部活もイキイキとするようになってきたので、運動会でカンチが何に出るのか私はすごく楽しみでした。
生徒用のプログラムには、カンチの名前は200メートル走に載っていたので、私はソレ1種目だけに出るものだと思っていました。
だって、何にも言わないんだもん。


運動会の朝、カバンに何やら詰めるカンチ。
それはバスケのユニフォームでした。
クラブ対抗リレーと言う種目があるのですが、まずリレーなんちゅう花形種目には皆目縁がなかったカンチだったので(小学校4年生頃からリレーに出たい出たいとは言っていたけど、もっと速い子がたくさんいるもの)まあ、多分応援ぐらいに着るのであろうと思っていました。



運動会が始まりました。

行進や全校生徒によるラジオ体操が終わり、運動場の中央では走り高跳びなどの種目が。
トラックの端っこの方では、100メートル走やハードルが。
みんなとっても頑張っていました。
男子なんかトレパンをずらして、トランクス丸見え。
あんなんで、足が思いっきり上がるのだろうか。


そしていよいよ200メートル走。
カンチは、実は他の男子のようにトレパンをずらして穿かず、ワンナイに出ていた轟さんのようにキュイーーーーンと上げて履くのですが、何か友達に言われたようでww
ちょっとだけずらしており、ニヤニヤしながらスタート地点に立ってましたわ(笑)



パン!とピストル、そしてだーーーーーーっしゅ

そして1ちゃ~~~~~く

中々サマになっていました。
まあまあ速いじゃないの。

やれやれ。





長々と他の演技や種目を観、午後、いよいよクラブ対抗リレーが。
本部席の前まで各々の部活のユニフォームを着た生徒達が入場門から飛び出してきたと思ったら、あれまあ。
カンチではありませんか。
2年代表で出るのね。
だからユニフォームをカバンに詰めていたのか。

1年生の第2走者からバトンをもらい、第3走者として走る走る(爆)
なんとか1着の座を守り抜いてくれましたww


そして運動会も終了に差しかかった最後の種目、運動会の花形、学年別クラス対抗リレー。
そんなものに出るともちっとも思わなかったので、油断してたら、スタート地点にカンチの姿が!!!!!!!
(いや、私が気づいたのではなく、友達が気づいてくれたのだ・・・
だってこれも出るって一言も言わないんだもん!!!!!



第1走者だったので、あわててカメラを構えましたわ。


残念ながらクラスは最終的には1位にはならなかったのですが、この日の運動会は3種目も走りに出ると言う活躍を成し遂げてくれました。



なんだかすご~~~~く成長した子供の姿を見たって感じ。
クラブ対抗リレーなんか、1年生の子から「カンチ先輩がんばれー!」なんちゅう声をかけてもらっていたのですよ。
あのカンチが。
いつもびーびー泣いて、私の足にまとわりついていたカンチが(爆)

子どもの活躍を客観的に見れるって、なんだかうれしい。
素直に大きく成長してくれたことに感謝、感激。







そう思っていたら、つい先日こんなこともありました。

ぽそっと。

「オレ、クラブ辞めるかもしれへん。」

「????なんでなん?」

「先生にやる気がないんやったら辞めれって怒鳴られた」

「。。。。。。。。。。(それだけで)。。。。。」



しかし、カンチの表情は固く(しかも泪目で!!!!)ついこないだも先生と部員のみんなで話し合いが行われ、カンチだけが非を認めなかった(と言うか、オレは正しい事をしたから先生に謝らなかったとかなんとか・・・と友達に話していたと言う情報が!)らしいのです。
何の話し合いか何が原因か、いろんなことも入り混じっているのでしょうが、まあたぶんクラブをだらだらしている態度のことを先生が注意したのかもしれませんが、思春期の子はこんなことで悩むのだろうかと言うぐらい真剣でした。
だって、次の日もっと暗い表情で学校に行くのを嫌がったもの。


そして机の上には、「こども悩み110番」のカードが!!!!!
(実は子どもからの虐待ホットラインなのですが。。。)
思い詰めて電話しようと思っていたのかしら。
(あんなことで)
フリーダイヤルだけど、もしも電話代がかかるのでは(と思い)鬼のようなお母さんに怒られると思って中々かけれなかったのかしら。
いや、これは土日専用ダイヤルだ。
土曜日になったら彼はかけるのか。



そんなことをやきもきしながら様子を伺い、また諭しもし。

2日も経つとケロリと朝錬に出かけていきました。
なんだかわからないですがねえ。



まあ、また元気でのんきなカンチに戻りましたわ。

二度目のやれやれ。






実はね。

私は妊娠しているとき、お腹の子が男の子だとわかってから、ずっと好きだった言葉があります。



まあ。

今、やっと使い始めれそうかなあと。









Boys be ambitious!






もっともっと羽ばたいてちょうだいな。







スポンサーサイト

テーマ : 中学生のママ - ジャンル : 育児

| 育自エッセイ | コメント(2) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。