--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.09.15 18:16


今年も暑い夏が終わり、朝晩とっても涼しくなりました。
夏休みはカンチの部活も終了し、彼は夏期講習に明け暮れてそれもまた大変そうでしたが(塾代を稼ぐこちらも大変なのだがww)、部活のしんどさと比べたらまだのんびりとした夏休みを送れたようです。
こちらも朝晩栄養のつくスタミナランチを提供せずに、仕事に行けたしww
母親業としては、これはちょっとラクでした。

私の仕事もあまり忙しくなく、お互いのんびり過ごせた8月でした。
親子のコミュニケーションもゆっくり取れたかな?と言う感じ。

そんな毎日でしたので、私達は、夜な夜なレンタルビデオ屋さんに出かけることが多くなりました。
今月も引き続き仕事が忙しくないし、秋の夜長も手伝って、2学期が始まっても夏休み気分が抜けない親子であります。

今までは映画と言えば、小さいカンチとアニメ映画を良く観に行ってましたが、彼はここんとこ友人やおじいちゃん(私の父)と映画に行くことが多くなり、私の出番はなくなりました。
これまた映画代を稼ぐにとどまります。
(ついでに、洋服代やヘアカット代も、贅沢になってきたのか、おしゃれに気を使うようになってきたのかわからないけど、この年頃の男子はお金がいるのねぇ・・・私が選んだ服なんてもうすでに着なくなったし)

そうなれば、私も女子を楽しまなくっちゃと言わんばかりに、たくさんの映画を観ました。
観に行けなくて頭の隅に覚えていた映画を、かたっぱしから借りてきました。




まずは女子の定番ラブストーリー。



すっごく観たかった「ホリデイ」。

ホリデイホリデイ
(2007/08/09)
キャメロン・ディアスナンシー・メイヤーズ

商品詳細を見る


キャメロン・ディアスとケイト・ウィンスレットが出演。
そして、世の中の物理と生物と生理の中でこんな美しい顔が作れるのかと思うほどの顔、ジュード・ロウ。
あの顔、本当に大好きです。
たまには美しいものを観ないと、心の浄化はできませんよねえ(爆)

ロスとロンドンに住むバリキャリの2人の女性が、恋愛に傷ついた事から、仕事も今の生活からも離れ休暇を取ることにします。
ホームエクスチェンジのサイトでお互いが出会い、家も車も全て交換し、つかのまの休暇を楽しもうとします。
しばらく恋愛から離れていたい2人だったんだけど、やっぱり出会いってあるものなんですよね。
働く女性のテーマでは、最近では一番観たかった映画でした。



次に観たかったのは、「プラダを着た悪魔」。

プラダを着た悪魔 (特別編)プラダを着た悪魔 (特別編)
(2007/04/18)
メリル・ストリープアン・ハサウェイ

商品詳細を見る


ジャーナリストになりたい主人公は、ちっともおしゃれに興味がないのに、一流ファッション誌の面接を受け、見事編集長のアシストの職を手に入れます。
悪魔のような鬼編集長に、24時間公私関係なく振りまわされてばかりの主人公ですが、やがて仕事のおもしろさ、厳しさを学んで行きます。
最後は自分が本当にやりたかった仕事と彼との生活に戻るのですが、鬼編集長のアシスタントをやったことは彼女のこれからの大きな糧となっていきます。
主人公のアン・ハサウェイがとってもキュートでポジティブ。
勇気付けられます。
鬼編集長役のメリル・ストリープも、ホテルのシーンですっぴん(?)のような顔も見せていました。びっくり!
出てくるファッション、ファッションがとてもゴージャスで、まるで本当に一流のファッション誌をめくってるかのようで、こちらも楽しめました。



次に借りたのが、「マリー・アントワネット」。

マリー・アントワネット (通常版)マリー・アントワネット (通常版)
(2007/07/19)
キルスティン・ダンストジェイソン・シュワルツマン

商品詳細を見る


スパイダーマンのMJ役のキルスティン・ダンストが主演です。
最近の映画ですよね。
まだ14歳のあどけなさの残る少女が、異国の男性と決められた結婚をし、その運命を受け入れていかなければならない悲しい歴史もありますが、それはさておき、多感な時期の少女の成長を追った青春映画としてとらえれば、とても楽しく観れました。
歴史映画として観れば、批評は多いみたいですが、観点を変えればおもしろかったです。
現実逃避させるようなファッションは素敵で、とってもキュートでした!
女子心をくすぐる映画でしたよ。



次に目に止まったのが「ブリジット・ジョーンズの日記、きれそうなわたしの12か月」です。

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
(2006/11/30)
レニー・ゼルウィガーヒュー・グラント

商品詳細を見る


もう10年以上も前にベストセラーになった小説の映画化です。
当時のわたしは、小説からはまっていました。
前作は何年か前に観たので、続編も観てみようっと。
前作以上に、太り度合いも増したブリジットですが、変わりなくコミカルな愛らしい女性でした。
ブリジット役のレニー・ゼルウィガーは、役の度に体重の増減を繰り返しています。
シリアスな役もされるし、演技派の女優さんですよね。
すばらしい!
弁護士の彼との恋の行方も気になりますが、それよりも強くたくましいブリジットに、多くの女性が惹かれるのでしょうね。
時が経ち、私はブリジットの年齢をすでに追い越してしまいましたが(笑)、続編もとっても楽しかったです。
すっきりしました!

ちなみにシリーズ第一番目はコレ。

ブリジット・ジョーンズの日記ブリジット・ジョーンズの日記
(2005/12/23)
レニー・ゼルウィガーヒュー・グラント

商品詳細を見る




そしてもうひとつ。

「イル・マーレ」を観ました。

イルマーレイルマーレ
(2007/02/09)
キアヌ・リーブスサンドラ・ブロック

商品詳細を見る


スピードで共演したキアヌ・リーブスと、サンドラ・ブロックが主演です。
本来は韓国の映画なんですってね。
2年もの空間を結ぶ不思議な郵便箱を通じて文通しだした男女が、実際同じ年代ではなかなか会うことができなくて、どんどんお互いの気持を募らせていきます。
決して現実には起こり得ない男女の出会いを、ベテランの二人が演じる事で、本当に素敵な映画になってると思います。
感動しました。




アラフォーならぬ、ジャスフォーに突入するわたくしですが、女子力アップのために(!?)、借りてみた恋愛映画でしたが、泣ける話も多く、良かったです。
泣ける話は、心が浄化されますよね~。
いやなものが涙とともにどんどん出ていってくれるような気がします。
泣いたあとは、気分もすっきり!
レッツデトックス。

自分のために映画館に映画を観に行くなんて、何年も忘れていたけど、オフの日には足を運んでみようかなと言う気になりました。

でも、私はすごーく泣くので、おひとりさまで行くのは少し勇気がいります。
家で観れる利点は、一番はコレかもしれません。
一目を気にせず泣けるというww
予告編でうるうる来てしまうわたしなので(ポケモンの映画の予告編で泣けるのですからww)、ティッシュならぬタオル片手に、秋の夜長を楽しもうかな。


また、借りたい映画があるので、観たらアップしまーす。


スポンサーサイト

テーマ : 30代のライフスタイル - ジャンル : ライフ

| 映画にひたる | コメント(6) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。