--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2005.05.08 17:22

私の家のトイレは、和式である。(2002年当時)
今住んでいる物件が古いと言うこともあるが。
和式トイレの生活も、もう7年たった。

私の新婚当時は、築20年くらいの5階建てマンションだった。
築年数は古いが、間取りも広く、明るく、収納もたくさんあったので、2LDKのこの部屋は割りと気にいっていた。
さすがにキッチンには、ガス瞬間湯沸かし器を取り付けなければならなかったが、トイレは洋式だった。
妊娠中も住んでいたので、お腹の大きいときは、大変助かった。

次に移り住んだのが、築30年くらいの木造アパート。
離婚前提で別居を開始したので、お金もなく、ココに決めたのだ。
ただ、1歳のカンチの子育てをするには、環境に恵まれていたと思う。
同じアパートには、家族連ればかりだったからだ。
しかし、トイレは和式だった。
ああ、やっぱりと思ったが、水洗だけでも、ありがたいものだ、と考え直した。
保育所でのトイレットトレーニングを行うトイレは、和式である。
オムツが取れるのが早いかもなんて良い方に考えて、納得していた。
和式トイレの所為かどうかは分からないが、2歳5ヶ月にカンチはオムツが取れてしまった。
コレが早いのかどうかは分からないが、トイレットトレーニングはスムーズに進んだのは確かだ。

このアパートを5年ほど住んで引越し、今のこの家に移り住んだ。
築35年くらいの、木造の2階建連棟の家だ。
昭和40年ごろに建てられた、当時流行の建売住宅であろう。
まさしく古いので、トイレが気になったが、やはり和式だった。
でも、ショックは無かった。
今までの和式トイレ生活で慣れ親しんでいたからだ。
これも水洗だったから、ありがたいと思うことにした。

これほどの現代で、新築マンション等では、ウォシュレット付きの洋式トイレが多いのだと思うが、子供が小さい頃は和式でよかったと思える利点が数々ある。
その1・保育所のトイレと同じ様式なので、幼児にとってはトイレがしやすいのではないか。
その2・しゃがむ姿勢なので、足腰が自然と鍛えられ、子供の成長にとっては良いのかも。
その3・水が少なくてすむのでは(なんとなく)

そんな感じの和式トイレ生活だが、先日びっくりした光景を見てしまった。
カンチの友人がうちに遊びに来てて、トイレに入ったときだ。
彼はお腹が痛くて、トイレに入ったのだが、途中で紙がなくなり、中から「おばちゃ~ん、紙がない~」と悲痛な叫びを上げ、私は彼の羞恥心も考慮し、トイレのドアを少しだけ開けて、トイレットペーパーを、差し出した。
トイレのドアの隙間から見えた、意外な光景。
そう、彼は和式トイレにしゃがむのではなく、反対向きに座り込んでいたのだ。
洋式トイレのように。
足を伸ばして。
そして、もうひとつびっくりしたことは、実は彼が小学5年生だということだ。
彼のうちは、大きなおうちで、トイレも洋式トイレだ。
和式トイレの経験が無いということは、こういうことなの?
でも、学校は和式トイレだぞ。
学校でも、彼はこんな格好で、ウンチをしているのだろうか。

そういえば、その光景を見て思い出したことがある。
一つは、カンチが保育所時代、幼稚園に行っていたある友人が遊びに来たとき、そのときもそんな風に座ってウンチをしていた。
でもあの時は幼児だったし、私はちょっと笑いながら、お尻を拭くのを手伝ってあげいたっけ。
もう一つは、トイレでウンチが出来ない小学生の話。
コレは、成人された方は皆経験があると思うが、学校でウンチをするのはとても恥ずかしい。
多感な頃だし、ウンチをすると冷やかされたりする(特に男子)。
カンチも1年生のときはウンチをしていたが、ウンチをしてると上級生に上から覗かれるらしく、それがいやだと言っていた。
(学校では、ウンチをしたくなっても、恥ずかしがらないこと。冷やかさないこと。体の大切さとともに、話をしているそうだが)
私は、この羞恥心もそうであるが、お腹が痛くてもトイレにいけない子供が増えているのは、洋式トイレのせいもあるのかもと思う。
いきみ方や、力の入り具合も、洋式と和式では違うであろうし。
何よりふんばれないだろう、洋式トイレでは。
現代の子供の体力の低さは、もしかしたら少なからず洋式トイレの普及もあるのでは?なんて、思ったりもした。

でも、こんなこと言いながら、次に引っ越す予定の家は、やはり洋式なのだがね(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 子育てのつぶやき - ジャンル : 育児

| 育自エッセイ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。