--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2005.09.05 21:53

お産の連絡もなく、静かな夜勤。
先月末の雑用をこなし、のんびりすごす。
たまにはこんな勤務もいいもんである。
今朝帰るとき、雨は降っていたけど、風はさほどなかった。
お昼のテレビでは、奄美地方がすごい暴風だった。
与論は大丈夫かなあ。

<今日の晩ごはん>
108-0892_IMG.jpg

・ピーマンの肉詰(ピーマン、合挽き肉、玉ねぎ)
・切干大根の煮物(人参、あげ、しめじ)
・冬瓜の煮物(干し海老)
・母が今朝作ってくれた味噌汁を、温めなおして頂きました。

あー。
冬瓜。
おいしい。
ほっとする。
冬瓜を食べると、カンチに離乳食を作っていたことを思いだす。
夏ごろから、よく食べだしていたもんなあ。
明日も食べよう。
切干大根も、味がしみてるぞ。

明日も勤務だけど、こちらは学校に影響なさそう。
明後日休みなので、少し安心する。
スポンサーサイト

| ひとりごと | コメント(3) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

いつも、みなみさんのお献立はヘルシー♪
粗食の私としては参考になります(^^)
うちは長男が生まれた時からひどい喘息で、3歳までは殆ど病院で過ごしてた。
喘息にいいと言われることは何でも試して来た。
結局最終的に辿り着いたのは、栄養!
植物性たんぱく質を中心に、ビタミン・ミネラルをバランス良く摂り、ワンシーズンで体中の細胞を入れ替えたの。
小学校入学前だったから、嗜好品の味も覚えてるし大変だった。
でも息子が「治したいから頑張る」って。
今は昔の話を誰も信じてくれない程、健康優良児になりました♪

| 風花 | URL | 2005.09.06 10:51 | 編集 |

ヘルシー献立はニガテです(キライじゃないけど)。
東北育ちやからかなぁ何でも濃い味にしてしまいます。
超面倒臭がりなので、油モン(炒め物)とか多いし、チンでできるものや出来合いのモノ買ったり、外食も一般(平均?)家庭より多いと思います。

父子家庭と言うと同情してくれるヒトは多いのですが、そんなコトは親(大人)の都合であって、一人の子供(人間)の成長と言う観点かれ見れば何の言い訳にもなり得ないハズ(やと思う)。

生まれてからコレまで健康優良児で育ってきた息子に感謝しつつ、自分も親として育っていきたいと思います。

| そらぱぱ | URL | 2005.09.06 19:51 | 編集 |

こんばんは。

>風花さん
カンチも、一時喘息のひどいときがありました。
アトピーは少しましになったものの、幼児期から続いています。
あんまり掻き毟ったり、治りがひどいときは、私も毎日の食事のバランスを見直したりしますよ。
でも、体質をそっくり入れ替える努力、すごいなあと思いました!

>そらぱぱ
東北のお料理は味付けが濃いって言うけど、本当なのね。

世界には、子どものいる家庭では、いろんなスタイルがあります。
両親といる家族、私たちみたいなひとり親の家族、おじいちゃんやおばあちゃんのいる大家族、おじいちゃんやおばあちゃんと子ども(孫)だけで暮らす家族、血縁関係ではない家族、乳児院のように親代わりの保育者と暮らす家族。
いろんなスタイルがあって、どれが環境が良いとか、どれが幸せとか、子どもにとって良いのかなんて、比較することはできないと思います。
うちを例にすれば、父親はいないけど、母親はいる。
母親・父親の役割って、今ではジェンダーの問題で疑問視もされてるけど、母親・父親の性差はあれ、「親」なんだから、それで良いと思う。
「親」として、接せれば。

1歳で父親と別れたカンチは、父親と言う人間が、自分に(子どもに)どんなことをしてくれる存在なのかわかりません。
小さい頃「お父さん欲しい?」って聞いた事もあるけど、カンチはいつも決まって、「お父さんより犬が欲しい」と言っていました。

子どもさんが大きくなって、離別・死別された場合、たとえばお父さんがいなくて寂しいとかいう気持があると思うけど、父親の記憶がないカンチは、お父さんがいないとどうして寂しいのかがわからないんだもの。
でもそれで、子育てがぐっとラクになったの。

カンチに子どもが産まれて、カンチがお父さんになったとき、父親と接した経験のないカンチは、もしかしたら戸惑うかもしれません。
でも、私は胸を張ってこう言おうと思っています。
「お母さんがあんたにしてきたように、あんたも自分の子にしてあげたらいいんだよ」って。

カンチが小さい頃、好んで観てたビデオも影響あるかなあ。
「リトルフット」と言って、恐竜の子ども達の冒険のアニメです。
検索しても、あんまりヒット出ないなあ(笑)
出てくる子どもたちの家庭は、それこそさまざまだし、ハンデを持った恐竜の子もいる。
いろんな家族があって、いろんな人がいて、それでいいんだって、思わせてくれたビデオです。
うちは6巻もありますよ・・・・^^;

| みなみ | URL | 2005.09.07 00:05 | 編集 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。