--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2005.05.08 17:24

私は、すでに妊娠20週には、お腹の子は男の子だとわかっていた。
性別が前もってわかると、名前をつけるのも、新生児用品を購入するのも、とても楽だった。
特にベビー服なんて、色が大体決まってるので、男の子なら自然にブルー系の洋服になってしまい、レジに向かう頃には、すっかり「生まれてくるのは男の子」と、周りの誰から見てもわかるような、買い物をしていた。
でも、いざ購入したものを見ると、何だかそっけない。
ブルーばかりで(一応黄色も入れたが)何だか華やかでない。
そうだ。
男のだからって、別にブルーばっかり着せなくてもいいじゃない。
色なんて、好き好きなんだから、男の子がブルーだけって言うのも、何だかおかしい。

私はデザインのかわいいベビー服を見つけ、ブルーではなく、隣においてあったピンクを購入した。
下着だって、かわいいウサギのワンポイントのついたものを選んだ。
ベビーバスだって、ピンクにした。
とてもかわいい。
男の子がピンクを身に着けたっていいじゃない。

カンチには、いろんな色の服を着せていた。
特に1歳頃になり、淡いパステルカラーの服を卒業すると、私は赤を積極的に着せた。
赤はとってもカンチに良く似合っていた。
赤が似合う男なんて、そういないかも、なんて思ってたりして。
そして、それは小学生になった今でも、続いている。
トレーナーも、赤がある。
下着だって、赤やオレンジがある。
ハンカチだって、くまや雪だるまや、とてもかわいいデザインのものがある。
学校以外で履くスニーカーだって、オレンジだ。
いわゆる「女の子系」と言われる色が、カンチには良く似合っている。
ほとんど短髪の、どこから見ても少年そのものなのに。
そしてカンチは、そういう色を決して嫌がらなかった。
この色が良いとも言った。

クリスマスに欲しがってた、ゲームボーイアドバンスだって、友達が持ってない色が欲しいと言い、カンチ自身の口から「ピンク」を、サンタさんにお願いしていた。
ゲームボーイのカセットを入れたり、遊戯王のカードを入れたりするポーチも、赤だ。

色で、男女の区別をするのは、おかしい発想だ。
今は「ジェンダー」なんて言葉がよく言われるが、男の子だから・女の子だからと、決め付けるのはおかしい。
みんな個性豊かな、1人の人間なのに。

先日家に遊びに来たクラスの子から「カンチのゲームボーイ、ピンクじゃん。」と言う言葉が聞かれた。
私は、カンチがどんな答えをするのだろうと見ていたら「誰も持ってない色やから、格好良いやろ。」と、答えていた。
カンチが大人になる頃は、そういう意味でのバリアフリーも進んでいるんだろうな。
スポンサーサイト

テーマ : 男の子育児 - ジャンル : 育児

| 育自エッセイ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。