--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2005.10.20 22:52


深夜でお産の入院を迎え、陣痛の加減から少し長引きそうなお産で、それでもお昼前には産まれるかなと予測していたけど、元気に産まれたのは夕方近くだった。

「みんなこんなに痛いのかな」
「もう産みたくない」と、精神的にも不安定にだったけど、お産が進んでくるにしたがって、すごく気持が前向きになられて。
しっかりと、お産に臨んでおられました。

長引いたお産だけあって、お母さんの気持はどれほどだっただろう。
もう数え切れないほどのお産に立ち会っているけど、私はお産でちょくちょくもらい泣きをしてしまう。
目頭が熱くなり、じーーんとしちゃうのだが、今回は別だった。
何だかすごく涙が出てきて、止まらなかったのだ。
思わずティッシュでぬぐったほど。
家族やお母さんの前で、ちょっと恥ずかしかったなあ。

入院から、初産の彼女は少しパニックになっていて、それでもねぎらいの声をかけ、腰をさすったり足をマッサージしたり、呼吸やリラックスを促し、夜中も昼も付き添った。
お産は少し長引いたが、それでも問題になるようなリスクは何もなく、後は彼女の気持次第だった。

私はただ、受け止めるだけ。
辛い気持も受け入れるし、怒りの気持だって受け入れる。
決して無理に励まさないようにしている。
お産って、本能で行われるものだから、今まで生きてきたその人の経験や想いがすごく入り混じり、いろんな感情が表へ現れる。
今まで抑圧されていた感情こそ、出てくる。
お母さん達は、これから人生を進んで行く。
家族とともに、だけでなく、自分の人生だ。
そう思うと、受け入れずにはいられなくなる。
自分がそうだったように。
そして、今もそうであるように。

お母さんは自分からおっぱいを吸わせたい、と言い出した。
幼い年齢の彼女は、しっかりお母さんの顔になられた。
長い時間、お母さんも赤ちゃんもよく頑張りました。
本当におめでとう。
我が子をかわいいとさえ思ってくれれば、私達は本望です。
スポンサーサイト

テーマ : マタニティライフ - ジャンル : 育児

| 助産院へようこそ! | コメント(2) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

おはようございます^^いつも楽しく拝見させていただいております。私も最近ブログを立ちあげたので、ちょっと変わったブログですが、時間がありましたら見てあげてください。笑

| MOKK
| URL | 2006.01.16 22:28 |

v-285MOKKさんv-285

こんばんは。
せっかく来て頂いて申し訳ないのですが、ブログ先が見つかりません^^;

| みなみ | URL | 2006.01.20 00:51 | 編集 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。