--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2005.11.02 22:12


長い長い陣痛の末に、やっと赤ちゃんが産まれた。
前日の当直さんや日勤さんも、気が気でなかった様子で、みんな居残ってお産を見守っていた。

陣痛が弱く、中々進まない様子だったけど、波に乗ってからは、ぽんぽんと進みだし、結果的にお母さんも赤ちゃんも元気なお産だった。
あんなに時間がかかったのに、お母さんは産んですぐに「また産みたい、2人くらいは子どもが欲しい」とさえ言い出し、満足されたお産を体験されたのだなあと思った。
良かった良かった。
おめでとうございます。

ほっとしたのもつかの間、やはり長い時間かかった影響なのか、赤ちゃんが徐々に元気を失い掛けてくるような症状が見られ出してしまった。
お産直後はすごく元気だったこの子は、お産後4~5時間後から、しんどくなりだしたのだ。
まだ産まれて間もない新生児にとって、子宮外生活に適応して行くことは、中々大きなストレスだ。
スムーズに行く子もいれば、時間のかかる子もいる。

一晩観察や看護を続け、でもその症状は一過性のものだろうと言う予測もあり、症状が現れても赤ちゃんはぐったりしたり泣き声が弱々しいこともなく、朝型には状態も落ち着いてきた。
もともと体重もある大きな子なので、持って産まれた元気さを取り戻してきてくれたのだ。
身体もきれいなピンク色に戻り、お腹が空いたと、手足をばたつかせて泣き出してきた。
寝ずに看護していたけど、ほっとしました。
もう、心配ないでしょう。

お産も介助し、赤ちゃんを看護し、気の抜けない当直でした。
帰宅してからは、もちろん死んだようにzzzz。
でも、まだ眠いや。
明日お休みで良かったです。

           <今日の晩ごはん>はこちら

スポンサーサイト

| お仕事のひとりごと | コメント(2) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

命を預かる仕事なんだよね。。。
私は出産する側からの立場しかわからないけど、チョット黄疸がキツく出て
「一晩新生児室で預かります」
なんて言われただけでも、心配で心配で・・・
そんな我が子を、ずっとずっと見守ってくれてたんだよね。

| 風花 | URL | 2005.11.03 22:49 | 編集 |

こんばんは。

仕事と思って、冷静に看護診断しながら観てるつもりですが、やはり心配にもなります。
しんどそうな状況がわかると、目が離せないし。
仕事と割り切ってできないことが多いのも、この仕事の特徴かもね。

| みなみ | URL | 2005.11.04 22:14 | 編集 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。