--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2005.11.11 06:07

深夜のオンコールにて、お呼び出し。
久々に夜中の出勤だ。

深夜のオンコール待機は、0時から朝の9時まで。
お産は朝方呼び出されることが多いため、毎回この日はカンチの朝食を準備していかなくてはならない。
大抵、サンドイッチを作るけど、今日は白いごはんも残ってたし、おにぎりにすることにした。
昆布の佃煮を入れ、海苔を巻き、晩ごはんのお味噌汁をマグカップに入れ、テーブルの上に準備しておく。

すると、まだカンチが起きてる時間にラブコール。
お風呂をまだ済ませてなかったカンチに、ガスを消すこと、カギは開けないこと、お風呂以外火は使わないことを伝え、出かけた。
もちろん、近所の友人にも一言メール。
「了解ヽ( ´ ▽ ` )ノ 気をつけていっといで」と返事。
いつもいつもごめんね。
ありがとう。

お産はスムーズに進み、今日も安産。
仕事は3時には終わったけど、深夜に帰ることもできないので、5時まで仮眠を取る事に。
それから、帰宅。
で。
今、帰ってきました。

カンチは、今横ですやすや眠っている。
電気もちゃんと消して、学校の準備もして、お風呂にも入って、きちんと布団で寝ている。

そんなに頻繁にあるわけじゃないけど、深夜の呼び出しだけは、いまだに後ろ髪が引かれる想い。
寝顔を見て出勤・寝顔のときに帰宅、と言うのも心配だけど、起きてるうちに出勤・寝顔のときに帰宅、と言うのも、大変つらいものだ。
もちろん、寝顔さえ見れずに、朝職場からモーニングコールするときも、同じ気持だ。
昼間なら仕事だから、と思えるけど、夜は違う気持が出てくる。
一人ぼっちで、夜に家に居させてしまうのだから。
身の回りの事を、きちんとして寝ていることが、余計つらかったりする。

でも、これもだんだん「母ちゃんが居ないほうがまし」と、思われるようになるんだろうなあ。
それが当たり前の成長なんだろうけど。
寂しいと思っていても、カンチは私とは別の人生を歩かなくちゃいけない人なんだから。
一人で生活できるすべを身につけさせたら、親の役目は終わりなんだ。

だからこそ、赤ちゃんが安産で産まれてくれたらすごくうれしい。
ありがたいなあと思う。
人が誰かの親になる瞬間に、人が誰かの子どもになる瞬間に立ち会えることができることは、すごくありがたい。
何かに支えられて、何かを支えて、人間って生きているんだなあと思う。
また、頑張ろうって思える。

眠い目をこすりながら、関西を離れる用意をしなくては。
明日帰ってくるけどね(笑)

スポンサーサイト

テーマ : 小学生の子育て - ジャンル : 育児

| 育自エッセイ | コメント(2) | |

この記事へのコメント

お疲れさまでした。
うんうん。切ないねぇ。
うちも休日の仕事や残業で帰れない時、長男に頼んで子供3人だけで留守番させることがある。
やはり心配で心配で・・・
でも普段は手伝わないクセに、そういう日は食べた食器を流しに出し、余った食品にラップをかけ、テーブルを綺麗に拭いておいてくれたりする。
うちは何かにつけて長男に頼んでしまうんだけど、母がいないとものすごく責任感を持って頑張ってくれちゃうみたいで、またそれが後ろ髪ひかれる思い。。。
子供に無理させちゃうけど、母の愛情はきっと感じてくれるよね(*^^*)

| 風花 | URL | 2005.11.11 10:11 | 編集 |

こんばんは~。
でも、こんなとき、やっぱり兄弟がいればなあと思います。
寂しさもまぎれるんじゃないかな、と思ったりもするけど、兄弟がいるシングルママも、後ろ髪を引かれる想いは一緒だものね。

| みなみ | URL | 2005.11.13 17:55 | 編集 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。