--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2005.11.13 17:45

行ってきました。
従妹の結婚式へ。
カンチも姪っ子のくうちゃんも、初めての結婚式への参加と言うことで、緊張してましたぞ。

私が離婚してから結婚式へ参加と言うものは、3回目なのだが、やっぱり結婚式って良いなあ~♪と思う。
従妹が私よりも一回り下なので、若いだけあって、白いウエディングドレスも、ピンクのお色直しのドレスも(白いブーツを履いていた)大変良く似合っており、綺麗と言うか、かわいらしいというか。
とにかく幸せそうだった。
お産の場面で、赤ちゃんが産まれた後の、夫婦の2人きりの世界の幸せ場面を見慣れているとはいえ、また別の幸せの世界。
見ているこっちも、すごく幸せになる。

人前結婚式のため、私達も参列した。
叔父と従妹が腕を組み、ヴァージンロードを歩いて、旦那サマとバトンタッチ。
指輪のリボンリレーなるものにも参加し、彼女達の結婚の承認者となった。
その後、式場の外へ出、鐘を鳴らしたあと、フラワーシャワーで祝福する。
そして、待ちに待ったブーケの争奪戦プレゼント。
独身の女性達に花嫁さんがブーケをプレゼントし、それを受け取った女性が次に幸せになると言うもの。
従妹の、独身の一回り以上も年下の若蔵若い友達を押しのけて、思わず名乗りをあげようと思ったが、それをぐっと呑みこみ、ガマンガマン。
今回は、花嫁さんが持っているブーケに、いくつか綺麗なリボンがついており、そのリボンをそれぞれひっぱり、ブーケに当たった人に、幸せが訪れるというもので、時々テレビのハプニング場面に出てきそうな、世界の結婚事情とは違い、争うことなく、静かにそれは行われてた。
自分が引っ張ったリボンに、ブーケが当たった人は、すごく喜んでいた。

すでに入籍して、一緒に暮らしている従妹たちだが、1年ぶりに見た彼女は、幸せからか、はたまたナース業と家庭との両立からかはわからないが、良い具合にスレンダーになっており、とっても素敵だった。
旦那サマとは、そのときに一度面識があり、中々いい男ではないか、とこそこそ従妹と話していたものである。
離婚した私を、「みなみちゃんは、仕事もしてカンチも育てて、シングルマザーで格好良い」なんて言っていたけど、私のようなシングルマザーにならないように!(笑)、お互い思いやりを持って、幸せな家庭を築いてね。
応援しています。

ちなみに。
披露宴も終わって、従妹と話す時間があった。
妹が「ブーケをプレゼントするとき、友達だけじゃなくて、お姉ちゃんも仲間にいれてあげなあかんやん」と従妹にツッコミをいれていたので、私も「そうやそうや、私を真っ先に考えてや!」と冗談に取ってくれそうにないのではないかのような台詞を言えば、従妹は「ごめんごめん、お詫びに旦那のブーケをみなみちゃんにあげるわ」と、関西人ならではの会話に引きつった笑顔を見せていた旦那サマを尻目に、新郎の胸のポケットに刺してあった、小さなブライダルブーケをはぎとったプレゼントしてもらった。

幸せがおとずれますように♪


披露宴で使ったお花を、出席者にプレゼント。
生け方にセンスが垣間見られないが、気にしないでください。
小さなコップに生けているのが、新郎のミニブライダルブーケ。
みなさんにも、幸せが訪れますように。
スポンサーサイト

| ひとりごと | コメント(2) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

みなみちゃんはエライ!!!
私だったら遠慮せず、一目散に名乗りをあげてるわ(^^;
それよりはぎとった・・・じゃなかった、頂いたブーケ、よかったね(*^_^*)

| 風花 | URL | 2005.11.16 16:18 | 編集 |

こんばんは~。
本当は、押しのけたい気持でいっぱいでした。
ま、譲ってさしあげたのよ、譲って!
ブーケは、まだ元気に咲いてますよ(*^▽^*)

| みなみ | URL | 2005.11.16 23:15 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。