--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2006.03.07 01:19


ある人が、離婚の相談をしにやって来た。
離婚の相談を受けるのは、もう慣れっこだ。

それはあんたの方が勝手だよと、思わず言ってやった人もいた。
同情してしまう人もいた。
一緒に泣いた人もいた。

結婚生活10年以上。
共働きでマイホームも購入したけど、修復不可能なところまできてしまった。
性格の不一致、夫婦生活の不一致は、一番難しく、根が深い。

助産師なんかしてると、夫婦の性の問題に、踏み入らないといけないことがある。
仕事でももちろんだけど、プライベートでもちょくちょく相談を受けてしまうのだ。

夫を受け入れることができない人もいた。
逆に、夫に受け入れを拒否された人もいた。
そして、拒否され続けてきた人もいた。
露骨に「そばに寄るな、あっちへ行け」と言われた人もいた。
もう、何年も。

私は、2年しか夫婦を経験してないけど、同じように拒否されていた立場。
理由は、まあ、よくあることで、他に相手がいたから私とはできなかったと言うことだ。


友達は、みな、経済的なことだけで夫婦をやっていかないといけないのは、本当につらいと言う。
もっと私が我慢しないといけないのか、とか、私がわがままだけなのかとか。
セックスだけしか頭の中になく私はおかしいんだろうかとか、食事も食べられないほど、みんな悩んでる。
そして、泣いてる。
夫婦でいろんな話をしたいのに、コミュニケーションができないんじゃあ、何の解決にもならない。
歩み寄ることができない。
それだけが原因ではないけど、決定打になるのだ。


まだまだ30代だ。
私だって女なんだ、と。


子どもと一緒に、みんな一歩前へ進みたいと思ってる。
そんな彼女たちを、私は見守るしかないんだ。
私もそうだったように。
子どもと一緒に早く笑えるときが来るようにと、願うしかないんだ。

スポンサーサイト

| ひとりごと | コメント(4) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

結局は・・・

自分で決めることなんだよね。

私も相談を受ける時がある。
けど、アドバイスはできない。
だって私の人生じゃないもの。。。
人皆それぞれ色々な境遇で、我慢したり悲しい思いをしたり・・・
「助けてあげたい!」ってその度思うけど、何もできない。
私は自分自身で人生を決めて来たし、修羅場も潜り抜けて、そりゃあ大変だったけど、強い心を持って悩み悲しむ人にも頑張ってもらいたいなぁ。

| 風花 | URL | 2006.03.07 19:43 | 編集 |

v-285風花さんv-285

こんばんは~。
うんうん、結局はそうなんです。
だから、離婚を引きとめもしないし、勧めもしない。
あんたの方が勝手だと思うときもあるし、むしろ相手の夫に同情するときだってある。

自分が、今の状況から打破して、進めればそれでいい。
ただ、子どもの福祉は考えて、と言います。
自分は子どもを何よりもかけがえのないものとしてるのか。
子どもと共に、前に進むのか。
それとも、子どもの幸せを相手に託すのか。

仕事はどうするのか、自立するにはどうするのか、いろんなことを考えて準備して、実施して、地盤を固めてから決めると、自分の考えも客観的に見つめることができるようになって、初めて答えが出るんじゃないかなと。
ただ、結果はどうであれ、頑張って欲しいと私も思います。

| みなみ | URL | 2006.03.09 01:50 | 編集 |

人生いろいろ?

人生には出会いと別れがつきものですよね。
挫折や困ったときが幸せの入り口の場合もありますよね。
人に話すことで自分を客観的に見れる場合もあるし。
聞いてくれる人がいるって、幸せ。

| りんりん | URL | 2006.03.09 21:58 | 編集 |

v-285りんりんさんv-285

こんばんは~。
いろんな選択をせまられるときって、ありますものね。
Aを選んだからって、不幸になるとは限らないし、たとえそのときに失敗したかなと思っても、そのときの失敗や傷つくことがあったからこそ、今の幸せがあると言うことも多いですもの。
何が幸せかどうかわからないけど、ポジティブに考えて進んで行ってこそ、人生と言うか。
良い結果にしようとする努力も必要ですし。
友達も、幸せになってほしいなあと思います。

| みなみ | URL | 2006.03.09 23:21 | 編集 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。