--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2009.03.19 01:26


さて、2日目です。

バスでの移動のフリー乗車券を購入しましたが、目当ての観光地まで行くのに、時間帯が合わなかったり、現地までバスが出てなかったりして、電車を利用する区間も出てきます。

2日目はまず最初に、念願の福井県立恐竜博物館に行きたかったので、最寄り駅まで電車を利用することにしました。
「芦原ゆのまち」駅出発が8時5分だったので、ホテルを7時50分に出発。
それまでに朝食を済ませ(クロワッサンおいしかった~!名物のカレイの干物もおいしかった!しかしクロワッサンとカレイの干物の取り合わせって・・・・)、バタバタとチェックアウトを済ませました。

電車での移動は「えちぜん鉄道」です。
「芦原ゆのまち」駅では、切符の購入は駅員さんとだし、乗客と駅員さんは世間話をしているし、その内容を聞いているだけでもなんとも言えないほんわかした気持ちになれます。
とってもローカルな電車なんです!
一両編成のワンマンカー。
いくつもの駅を通り過ぎるのですが、それがまた無人駅がほとんどなんです。
のんびり、ローカル線各駅の旅が始まりました。

恐竜博物館へは、同じ「えちぜん鉄道」でも途中「福井口」駅で「勝山永平寺線」に乗り換えなくてはいけません。
「福井口」駅は、福井県の中心・福井駅から2つ先の駅というのに、すっごくローカルでした。
ほのぼのー。
乗換えまで時間があるので、待合室にて。

待合室

この小さなベンチ、子供用かな。
かわいい!

待合室

そうこうしているうちに電車が来ました。
目的地の「勝山」駅へ。
同じ路線なのに、今度は女性の車掌さんがいました!
観光地までの案内もしてくれましたよ。

「勝山」駅に着くと、今度は市民バスに乗ります。
普通の路線バスの半分ほどの大きさしかなく、座席も12~3席ほどのかわいいバスです。
一緒だった乗客のほとんどがお年寄りの方ばかりで、重要な市民の足になっているのだなあと思いました。
役所や病院へ寄りながら、私たちの目的地の「福井県立恐竜博物館」に着きました。

恐竜博物館


福井で発見された草食の恐竜。
イグアノドンの仲間ですって。

福井サウルス


こちらは肉食恐竜。
「ラプトル」と言う名前、映画・ジュラシックパークで人間を襲う、あのすばしっこい「ラプトル」とおんなじ!
こわーい!
草食恐竜と歯が違います。
こちらはほとんどが実物の骨格です!

福井ラプトル

日本が大陸と地続きだったとあらためで納得。
まだ人間も誕生してなかった時代。
想像でしかないけど、実際あったできごと。
壮大なロマンです。

(最後には、アウストラロピテクスの骨格標本もありました!)


さて、市民バス(コミュニティバス)の到着時間も近づいたので、博物館を後にしました。
途中、ある中学校の前も通りました。
ちょうど卒業式をしていましたよ。


そのあと、また電車に乗り、今度は2番目に有名な観光地・永平寺へ。

永平寺

永平寺

大きなすりこぎ

このすりこぎに触れると、料理上手になれるのだそうですよ。

木とお線香の香りと、ひんやり澄んだ独特の空気に癒されてきました。
若い修行僧の方たちが、たくさんいました。
お線香の香りよかったな~。

今度は「福井」駅まで、バスのフリー乗車券を使い帰ってきました。

それからは、名物の「ソースカツ丼」を食べて、福井を後にしました。

帰路の特急内で、いろんなことが思い出されました。
観光地ももちろんよかったけど、カンチと久々に旅行に行けたこと。
はじめは行きたくないと言っていたカンチも面白かったらしく、いろんな場所で写メ撮ってたし。
そして、地元の方の生活の様子もすこーし見れたこと。
のんびりできたこと。
とっても楽しかったです。

窓の景色が変わり、ビルが見え始め、大きな派手な看板が目立ち始めると、今度は私たちの地元に帰ってきたのだなあと思わざるを得ません。

のんびり、癒された旅となりました。



スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

| おやこ2人旅 | コメント(2) | |

この記事へのコメント

ウチはまだ充分一緒に行ってくれる年齢だが・・・金と暇がない;

| sorapapa | URL | 2009.03.28 01:50 | 編集 |

v-285sorapapav-285

いいなあ。
いつまでも一緒に行ってくれるうちがええよ~。

金はどうにかしなさい。

| みなみ | URL | 2009.03.29 02:38 | 編集 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。